会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

アジュバント誘発性関節炎ラットにおける炎症、線維芽細胞様滑膜細胞、滑膜アポトーシスに対する低レベルレーザー治療のフルエンス効果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Photomed Laser Surg.2014 Dec;32(12):669-77. doi: 10.1089/pho.2014.3821.

アジュバント誘発性関節炎ラットにおける炎症、線維芽細胞様滑膜細胞、滑膜アポトーシスに対する低レベルレーザー治療のフルエンス効果

The fluence effects of low-level laser therapy on inflammation, fibroblast-like synoviocytes, and synovial apoptosis in rats with adjuvant-induced arthritis.

  • Yueh-Ling Hsieh
  • Yu-Jung Cheng
  • Fang-Chuen Huang
  • Chen-Chia Yang
PMID: 25394331 PMCID: PMC4267419. DOI: 10.1089/pho.2014.3821.

抄録

目的:

本研究の目的は、アジュバント誘発性関節炎を有するラットの関節炎症、線維芽細胞様滑膜細胞(FLS)、滑膜アポトーシスに対する低レベルレーザー治療(LLLT)の効果を評価することであった。

OBJECTIVE: The aim of this study was to evaluate the effect of low-level laser therapy (LLLT) operating at low and high fluences on joint inflammation, fibroblast-like synoviocytes (FLS), and synovial apoptosis in rats with adjuvant-induced arthritis.

背景データ:

関節リウマチ(RA)は、関節内での顕著な炎症とFLSの増殖が特徴である。LLLTが関節リウマチによる炎症に有効であることを示すデータはあるが、滑膜への影響は不明である。

BACKGROUND DATA: Rheumatoid arthritis (RA) is characterized by pronounced inflammation and FLS proliferation within affected joints. Certain data indicate that LLLT is effective in patients with inflammation caused by RA; however, the fluence effects of LLLT on synovium are unclear.

方法:

成体雄のSprague-Dawleyラット(250〜300g)において、脛骨関節に完全フロイントアジュバント(CFA)を関節内注射することにより、単関節炎を誘導した。動物は、10日間毎日4.5J/cm2(30mW、30秒/スポット)と72J/cm2(80mW、180秒/スポット)で780nmのGaAlAsレーザーでCFA投与後72hを照射した。LLLT後、動物を安楽死させ、その関節炎足首を組織病理学的分析、腫瘍壊死因子(TNF)-α、マトリックスメタロペプチダーゼ(MMP)3と5B5、および末端デオキシヌクレオチドルトランスフェラーゼdUTPニックエンドラベリング(TUNEL)アッセイの免疫アッセイのために収集した。

METHODS: Monoarthritis was induced in adult male Sprague-Dawley rats (250-300 g) via intraarticular injection of complete Freund's adjuvant (CFA) into the tibiotarsal joint. Animals were irradiated 72 h after CFA administration with a 780 nm GaAlAs laser at 4.5 J/cm2 (30 mW, 30 sec/spot) and 72 J/cm2 (80 mW, 180 sec/spot) daily for 10 days. After LLLT, the animals were euthanized and their arthritic ankles were collected for histopathological analysis, immunoassays of tumor necrosis factor (TNF)-α, matrix metallopeptidase (MMP)3 and 5B5, and terminal deoxynucleotidyl transferase dUTP nick end labeling (TUNEL) assays.

結果:

4.5J/cm2のフルエンスでLLLTは、炎症性細胞の浸潤とTNF-α-、MMP3-および5B5様免疫反応性の発現を有意に減少させただけでなく、滑膜内のより多くのTUNEL陽性アポトーシス細胞をもたらした。72J/cm2を投与した関節炎動物では、これらの生化学および炎症に有意な変化は観察されなかった。

RESULTS: LLLT at a fluence of 4.5 J/cm2 significantly reduced infiltration of inflammatory cells and expressions of TNF-α-, MMP3- and 5B5-like immunoreactivities, as well as resulting in more TUNEL-positive apoptotic cells in the synovium. No significant changes were observed in these biochemicals and inflammation in arthritic animals treated with 72 J/cm2.

結論:

低フルエンスのLLLTは、CFA誘発関節炎モデルにおいて、FLS、炎症細胞、メディエーターの数を減少させることで、損傷部位への炎症を抑制する効果が高いことが示された。これらのデータは、関節リウマチを対象としたLLLTの臨床試験を設計する上で価値のあるものとなるだろう。

CONCLUSIONS: LLLT with low fluence is highly effective in reducing inflammation to sites of injury by decreasing the numbers of FLS, inflammatory cells, and mediators in the CFA-induced arthritic model. These data will be of value in designing clinical trials of LLLT for RA.