会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

頸動脈内膜厚および動脈硬化性プラークと歯周病状態との関連 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Dent. Res..2014 Aug;93(8):744-51. 0022034514538973. doi: 10.1177/0022034514538973.Epub 2014-06-16.

頸動脈内膜厚および動脈硬化性プラークと歯周病状態との関連

Association of Carotid Intima-media Thickness and Atherosclerotic Plaque with Periodontal Status.

  • H Yu
  • L T Qi
  • L S Liu
  • X Y Wang
  • Y Zhang
  • Y Huo
  • Q X Luan
PMID: 24935064 PMCID: PMC4293759. DOI: 10.1177/0022034514538973.

抄録

これまでの研究では、臨床/不顕性アテローム性動脈硬化症と歯周状態との関連が示唆されている。本研究の目的は、中国の高齢者患者における最大頸動脈内膜厚(cIMT)、アテローム性プラーク、歯周状態との関連を調査することであった。10本以上の歯を有する847名(年齢、70.64±9.03歳)を対象に横断的研究を実施した。質問紙調査、日常的な生化学検査、歯周検査、最大cIMT測定を各人に実施した。統計解析では、アテローム形成の伝統的な危険因子を考慮した。口腔衛生を反映する平均プラーク指数は、研究サンプル全体(β=0.068、p<0.001;OR=2.051、p<0.001)および高血糖者(β=0.06666、p<0.008;オッズ比=2.122、p<0.009)において、最大cIMTおよびアテローム性プラークと相関していた。高血糖症参加者では、重回帰分析(p = 0.006)および多変量ロジスティック回帰分析(p = 0.025)により、従来の危険因子を調整した後の平均臨床的愛着喪失と最大cIMTとの間の線形および用量依存性の関連が明らかになった。平均臨床的愛着喪失が1mm増加するごとに、最大cIMTが0.018mm増加することに対応した。動脈硬化性プラークのリスクは、平均臨床的アタッチメントロスが1mm増加するごとに18.3%増加した。3~5mm以上のアタッチメントロスを有する部位の割合(3~5%)を含む他の歯周曝露の指標もまた、高血糖症患者におけるcIMTおよびアテローム性プラークと相関していた。この高齢者集団では、高血糖症患者において、平均臨床アタッチメントロス、アタッチメントロス3~5%、最大cIMT、およびアテローム性動脈硬化性プラークの間の線形および用量依存性の関連が検証された。口腔衛生状態の悪さは、血糖値が正常な人を含むすべての参加者において、最大cIMTおよび動脈硬化性プラークと相関していた。

Studies have suggested an association between clinical/subclinical atherosclerosis and periodontal status. The purpose of this study was to investigate the association among maximal carotid intima-media thickness (cIMT), atherosclerotic plaque, and periodontal status in Chinese elderly patients. A cross-sectional study was conducted of 847 participants (age, 70.64 ± 9.03 yr) with ≥10 teeth. A questionnaire survey, routine biochemical tests, a periodontal examination, and maximal cIMT measurement were performed for each. Traditional risk factors for atherogenesis were considered in the statistical analysis. Mean plaque index, which reflects oral hygiene, was correlated with maximal cIMT and atherosclerotic plaque in the study sample overall (β = 0.068, p < .001; OR = 2.051, p < .001) and in euglycemic participants (β = 0.066, p = .008; odds ratio = 2.122, p = .009). In hyperglycemic participants, multiple linear regression analysis (p = .006) and multivariate logistic regression analysis (p = .025) revealed a linear and dose-dependent association between mean clinical attachment loss and maximal cIMT after adjustment for traditional risk factors. Each 1-mm increase in mean clinical attachment loss corresponded to a 0.018-mm increase in maximal cIMT. The risk of atherosclerotic plaque increased by 18.3% with each 1-mm increase in mean clinical attachment loss. Other indicators of periodontal exposure, including percentage of sites with attachment loss ≥ 3 to 5 mm (3%-5%), were also correlated with cIMT and atherosclerotic plaque in hyperglycemic patients. In this elderly population, a linear and dose-dependent association among mean clinical attachment loss, attachment loss 3% to 5%, maximal cIMT, and atherosclerotic plaque was verified in those with hyperglycemia. Poor oral hygiene was correlated with maximal cIMT and atherosclerotic plaque in all participants, including those with normal blood glucose.

© International & American Associations for Dental Research.