会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

フェムト秒レーザー支援前頭葉切開術の細胞死と超音波形態学 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Invest. Ophthalmol. Vis. Sci..2014 Feb;55(2):893-8. iovs.13-13343. doi: 10.1167/iovs.13-13343.Epub 2014-02-10.

フェムト秒レーザー支援前頭葉切開術の細胞死と超音波形態学

Cell death and ultrastructural morphology of femtosecond laser-assisted anterior capsulotomy.

  • Wolfgang J Mayer
  • Oliver K Klaproth
  • Marko Ostovic
  • Andreas Terfort
  • Thalia Vavaleskou
  • Fritz H Hengerer
  • Thomas Kohnen
PMID: 24408981 DOI: 10.1167/iovs.13-13343.

抄録

目的:

フェムト秒レーザー支援白内障手術で得られた莢膜切開標本の細胞死と超構造的影響を評価すること。

PURPOSE: To evaluate cell death and ultrastructural effects on capsulotomy specimens derived from femtosecond laser-assisted cataract surgery.

方法:

26眼において、フェムト秒レーザーを使用して、前部被膜切開を実施しました。10眼(グループ1)では、硬い湾曲したインターフェースを使用してレーザーパルスエネルギーを15μJに設定し、別の10眼(グループ2)では、ソフトコンタクトレンズと組み合わせた湾曲したインターフェースを使用して5μJに設定した。対照群(6眼、群3)は、鉗子を使用した手動の前部カプセルヘキシスを受けた。抽出されたすべてのカプセル標本は、TUNELキットを用いた細胞死分析、原子間力顕微鏡(AFM)を用いた超構造解析、および走査型電子顕微鏡(SEM)を受けた。対染色は4',6-ジアミノ-2-フェニルインドール(DAPI)とヘマトキシリン-エオジン(HE)で行った。

METHODS: In 26 eyes, an anterior capsulotomy was performed using a femtosecond laser. In 10 eyes (group 1), the laser-pulse energy was set to 15 μJ using a rigid curved interface and in another 10 eyes (group 2) to 5 μJ using a curved interface combined with a soft contact lens. The control group (6 eyes, group 3) underwent manual anterior capsulorhexis using forceps. All extracted capsule specimens underwent cell death analysis using the TUNEL kit, ultrastructural analyses using atomic force microscopy (AFM), and scanning electron microscopy (SEM). Counterstaining was performed with 4',6-diamidino-2-phenylindol (DAPI) and hematoxylin-eosin (HE).

結果:

細胞死は、切断縁に沿ってすべてのカプセル試料に見られたが、グループ1で有意により顕著であった。 DAPIとHE染色は、両レーザーグループの切断縁に沿って境界線を持つ規則的な上皮細胞分布を示し、グループ1でより顕著であった。 AFM分析では、フェムト秒レーザーグループのレーザースポットサイズは、術前に計画されたサイズに一致していた(P < 0.01)。SEM観察における切刃は、5μJ(群2)を用いた場合、より滑らかで丸みを帯びた形状であった。

RESULTS: Cell death was found in all capsule specimens along the cutting edge but was significantly more pronounced in group 1. DAPI and HE staining showed regular epithelial cell distribution with a demarcation line along the cutting edge of both laser groups, which was more pronounced in group 1. In AFM analysis, laser spot size in the femtosecond laser groups were in accordance with the preoperative planned size (P < 0.01). Cutting edges in SEM observations were smoother and more roundly shaped using 5 μJ (group 2).

結論:

フェムト秒レーザーで実行されたカプセルロトミーの切断エッジは正確であり、レーザースポット病変は計画されたサイズ内に収まっています。細胞死反応は、レーザーパルスのエネルギー設定に依存し、手動のカプセルロキシーで観察されるレベルまで減少させることができます。

CONCLUSIONS: Cutting edges of femtosecond laser-performed capsulotomies are precise and laser spot lesions are within planned size. Cell death reaction depends on the laser pulse energy settings and can be reduced to the level observed in a manual capsulorhexis.