国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

上顎前歯部における歯肉角化組織ゾーンの幅と歯肉組織の厚さの関係 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Periodontics Restorative Dent.2012 Oct;32(5):573-9.

上顎前歯部における歯肉角化組織ゾーンの幅と歯肉組織の厚さの関係

Relationship between the width of the zone of keratinized tissue and thickness of gingival tissue in the anterior maxilla.

PMID: 22754905

抄録

本研究の目的は,歯肉の角化組織のゾーンの幅とその厚さに正の相関があるかどうかを評価することである。20歳から35歳までの60名の患者(男性30名,女性30名)の上顎右犬歯,側切歯,中切歯を対象とした.ラバーカーソル付きの歯内療法用スペーサーと分解能0.01 mmのデジタルノギスを用いて,歯肉角化組織のゾーンの幅と歯肉の厚さの値を求めた.その結果,側切歯の歯肉角化組織ゾーンの平均値が最も大きく(5.54±1.09mm),次いで中切歯(4.62±1.02mm),犬歯(4.32±1.33mm)であった。平均歯肉厚は,中切歯で大きく(1.17±0.20 mm),次いで側切歯(1.04±0.24 mm),犬歯(0.87±0.27 mm)であった。歯肉角化組織のゾーンの平均幅と歯肉の厚さについては、男女間で統計的に有意な差は確認されなかった。上顎犬歯(Pearson r = 0.398, P < 0.05),側切歯(Pearson r = 0.369, P < 0.05),中切歯(Pearson r = 0.492, P < 0.05)では,歯肉厚と歯肉角化組織ゾーンの幅との間に正の相関関係が認められた.20歳から35歳の患者では、上顎右犬歯、側切歯、中切歯の歯肉の厚さと歯肉角化組織のゾーンの幅に正の相関が見られた。

The aim of this study was to evaluate whether there is a positive correlation between the width of the zone of gingival keratinized tissue and its thickness. Maxillary right canines, lateral incisors, and central incisors of 60 patients (30 men, 30 women) between the ages of 20 and 35 years were examined. Using an endodontic spacer with a rubber cursor and a digital caliper of 0.01-mm resolution, the values of the width of the zone of gingival keratinized tissue and gingival thickness were obtained. It was observed that the lateral incisor has the largest mean zone of gingival keratinized tissue (5.54 ± 1.09 mm), followed by the central incisor (4.62 ± 1.02 mm) and canine (4.32 ± 1.33 mm). The mean gingival thickness was greater in the central incisor (1.17 ± 0.20 mm), followed by the lateral incisor (1.04 ± 0.24 mm) and canine (0.87 ± 0.27 mm). No statistically significant difference was verified for the mean width of the zone of gingival keratinized tissue and gingival thickness between men and women. A positive correlation between gingival thickness and width of the zone of gingival keratinized tissue was observed in the maxillary canine (Pearson r = 0.398, P < .05), lateral incisor (Pearson r = 0.369, P < .05), and central incisor (Pearson r = 0.492, P < .05). In patients 20 to 35 years of age, there was a positive correlation between gingival thickness and width of the zone of gingival keratinized tissue for the maxillary right canine, lateral incisor, and central incisor.