会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

上顎洞扁平上皮癌の管理における選択的頸部解離の最初の報告 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Br J Oral Maxillofac Surg.2013 Mar;51(2):103-7. S0266-4356(12)00125-8. doi: 10.1016/j.bjoms.2012.04.004.Epub 2012-05-11.

上顎洞扁平上皮癌の管理における選択的頸部解離の最初の報告

First report of elective selective neck dissection in the management of squamous cell carcinoma of the maxillary sinus.

  • James S Brown
  • Fazilet Bekiroglu
  • Richard J Shaw
  • Julia A Woolgar
  • Asterios Triantafyllou
  • Simon N Rogers
PMID: 22578881 DOI: 10.1016/j.bjoms.2012.04.004.

抄録

上顎洞扁平上皮癌(SCC)における頸部の管理については論争が続いており、この部位の管理に選択的頸部郭清を使用した報告は知られていない。我々は、治療目的で一次手術で管理された上顎洞のSCC患者18人の連続した症例をレトロスペクティブに検討した。合計13例で選択的頸部郭清を行ったが、1例8%に浸潤していた。局所転移を認めたのは4例、選択的選択的頸部郭清後に結節病変が陽性と確認されたのは2例、局所再発を発症したのは2例であった(いずれも陰性(pN0)であった選択的選択的頸部郭清後に発症した)。英語で発表された他の論文のレビューでは、選択的頸部郭清術の症例は報告されていなかった。平均局所再発率は12%(範囲0~26%)、全平均局所転移率は21%(範囲5~36%)であった。選択的頸部郭清は、レビューでは12%であったのに対し、選択的頸部郭清は11%(2/18)の局所再発であり、頸部コントロール率の向上には寄与しなかった。本報告では、上顎洞SCCに対する選択的頸部郭清術がより良い病勢管理につながることを示すエビデンスはない。今後の研究では、選択的頸部剥離術後に病理学的に明確な結節を有する頸部に対しては、より少ない放射線治療領域を示す可能性がある。

Controversy remains about management of the neck in squamous cell carcinoma (SCC) of the maxillary sinus and we know of no reports of the use of elective selective neck dissection for management in this site. We retrospectively reviewed 18 consecutive patients with SCC of the maxillary sinus who were managed by primary operation with curative intent. A total of 13 patients had an elective selective neck dissection, which was invaded in one case 8%. Four patients had regional metastases, two with positive nodal disease confirmed after elective selective neck dissection, and two who developed regional recurrence (both after elective selective neck dissections which were negative (pN0)). A review of other published articles in the English language showed no cases of elective selective neck dissections reported. The mean regional recurrence rate was 12% (range 0-26%) and total mean regional metastases rate 21% (range 5-36%). Elective selective neck dissection did not contribute to an improved rate of neck control with regional recurrence of 11% (2/18) compared with 12% in the review. There is no evidence in this report to indicate that elective selective neck dissections for maxillary sinus SCC will result in better disease control. Future research may indicate fewer radiotherapy fields for necks with pathologically clear nodes after elective selective neck dissection.

Copyright © 2012 The British Association of Oral and Maxillofacial Surgeons. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.