会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

スウェーデンの成人集団における歯科スタッフによる推奨事項と、爪楊枝、デンタルフロス、歯間ブラシの使用。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Oral Health Prev Dent.2010;8(2):185-94. 19214.

スウェーデンの成人集団における歯科スタッフによる推奨事項と、爪楊枝、デンタルフロス、歯間ブラシの使用。

Recommendations by dental staff and use of toothpicks, dental floss and interdental brushes for approximal cleaning in an adult Swedish population.

  • Barbro Särner
  • Dowen Birkhed
  • Pia Andersson
  • Peter Lingström
PMID: 20589254

抄録

目的:

本研究の目的は、歯科衛生士や歯科医師が行っているおおよその清掃補助器具の使用に関する推奨事項、スウェーデンの人々のセルフケアの実践、歯垢除去能力を評価することであった。

PURPOSE: The aim of the present study was to evaluate the recommendations relating to the use of approximal cleaning aids given by dental hygienists and dentists, the self-care practices in a Swedish population and the ability to remove dental plaque.

材料および方法:

500名の歯科衛生士と500名の歯科医師に構造化された質問票を無作為に配布し、同様の質問票を、15歳から20歳、21歳から40歳、41歳から60歳、60歳以上の年齢層に等しく分けた1000名の無作為に選ばれた個人に配布した。また、歯垢除去能力を評価する臨床検査を、歯垢除去補助具の常用者60名を対象に実施した。歯垢は、爪楊枝、デンタルフロス、歯間ブラシを用いた清掃の前後でスコア化されました。

MATERIALS AND METHODS: A structured questionnaire was randomly distributed to 500 dental hygienists and 500 dentists and a similar questionnaire was distributed to 1000 randomly selected individuals, divided equally into the following age groups: 15 to 20, 21 to 40, 41 to 60 and > 60 years. A clinical examination evaluating the ability to remove approximal dental plaque was also carried out in a total of 60 regular users of approximal cleaning aids. Plaque was scored before and after cleaning with a toothpick, dental floss or an interdental brush.

結果:

回答率は3つのグループで82%、79%、68%であった。その結果、歯科衛生士は、歯科医師と比較して、おおよその清掃補助具の使用に関連する大部分の側面について、より詳細な情報を提供していることが明らかになった(P < 0.01またはP < 0.001)。大多数の歯科スタッフは、う蝕を予防するためにまず子供や青年に、また歯周の健康を改善するために高齢者に推奨を行っています。日常的に使用されている様々な清掃用具の使用率は年齢層によって異なっていた(2%~42%).臨床研究では、歯垢の減少が最も大きかったのは歯間ブラシ(83%)、次いで爪楊枝(74%)、デンタルフロス(73%)であった。

RESULTS: The response rate was 82%, 79% and 68% for the three groups. The results reveal that dental hygienists give more detailed information about a majority of the aspects that are related to the use of approximal cleaning aids compared with dentists (P < 0.01 or P < 0.001). The majority of the dental staff give recommendations to children and adolescents firstly to prevent dental caries and to older individuals to improve periodontal health. The use of different approximal cleaning aids on a daily basis varied with respect to age group (2% to 42%); dental floss dominated in the younger age groups and interdental brushes in the two oldest groups. In the clinical study, the largest plaque reduction was produced by the interdental brush (83%), followed by toothpicks (74%) and dental floss (73%).

結論:

本研究では、スウェーデン人成人集団における歯周清掃補助具の使用に関連した個々の推奨事項の重要性が示された。

CONCLUSIONS: The present study indicated the importance of individual recommendations related to the use of approximal cleaning aids.