国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

日本の中世(西暦12~16世紀)の日本文化を形成する上で、お茶は非必需品の飲料であり、薬用としての役割を果たしました | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Yakushigaku Zasshi.2009;44(1):5-9.

日本の中世(西暦12~16世紀)の日本文化を形成する上で、お茶は非必需品の飲料であり、薬用としての役割を果たしました

[Medicinal roles tea--a non-essential beverage--played in forming the Japanese culture during the Japanese middle ages (12th-16th AD)].

  • Shigeru Sugiyama
PMID: 20527289

抄録

一般的に「文化」とは、衣・食・住などの風習や習慣、それを支えるさまざまな芸術・倫理・宗教・政治・経済などを指しますが、茶道や華道などの洗練された形式は、その時の社会の成熟度に依存していると言われています。その中でも特に注目すべきは、茶が日常生活の様々な場面で好まれる飲料として広く利用され、日本社会の発展に重要な役割を果たしてきたことではないでしょうか。薬剤としてのお茶には、感覚や思考や連想を活性化させ、眠気や疲労感を取り除いたり緩和したりする向精神作用があります。アルコールやコーヒー、麻薬などにも精神作用があるのに対し、お茶はその作用が穏やかであることや、気候帯の異なる地域での栽培への適応性からか、より広く受け入れられ、文化の形成に広く深い印象を残してきました。5世紀に入ると、日本では馬や牛の飼育のための国営牧場が全国各地に開設され、人口増加と商品経済に拍車がかかり、それに伴って物流業者が誕生しました。しかし、牧場経営者たちは、年を追うごとに政治的・経済的に力をつけていき、やがて武士となって日本を支配するようになりました。日本の中世には、商売や金融、酒造、皮革産業などで富を蓄えた商人たちが、お茶を飲みながら集うことが多く、茶道が盛んに行われるようになりました。このような場から、一流の芸術家による古典芸術が数多く生まれました。茶道の人気は、やがて「茶道」を生み出しました。このように、茶会は多くの文化的要素の発祥の場であり、社会の垣根が取り払われていたことから、経歴に関係なく多くの芸術家や偉人が輩出されていきました。

The term "culture" generally refers to practices and customs including clothes, food and housing as well as various arts, ethics, religions, politics and economies that support them, with the more refined formats such as tea ceremony or flower arrangement being more dependent on the maturity of the society at the time. Among these, tea may be especially noteworthy as it has been widely used as a favored beverage in various scenes in daily life, playing an important role in the development of Japanese society. As a medicinal agent, tea has psychotropic functions that activate senses, thoughts or association of ideas, and remove or alleviate drowsiness and fatigue. While alcohol, coffee or narcotics also have mind-altering effects, tea has been more widely accepted, possibly because of its milder effect and its adaptability to cultivation in different climate zones, leaving broad and deep impressions in the forming of the culture. In the fifth century, the rulers in Japan started opening state-run ranches throughout the country to raise horses and cattle, which drove population growth, spurred a commodity economy and gave rise to an associated birth of logistics providers. The ranch administrators, however, gradually built up political and economic power over the years to become samurai, who would eventually come to rule the country. In the Japanese Middle Ages, many merchants who had accumulated wealth in trades, finance, sake breweries or leather industries enjoyed gatherings with tea, which became the very popular tea ceremony. From these occasions, many of the now so-called classic arts with top-class artists were born. The popularity of the tea ceremony eventually produced SADO, the way of tea. Tea thus provided a cradle for many cultural elements as social barriers were often disregarded at such gatherings so that many artists and men of stature were able to emerge regardless of their backgrounds.