国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ホスピスの家族が在宅で死を迎えるための準備をするための資料 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Palliat Med.2008 Sep;11(7):969-72. doi: 10.1089/jpm.2008.0072.

ホスピスの家族が在宅で死を迎えるための準備をするための資料

Materials to prepare hospice families for dying in the home.

  • Karen A Kehl
  • Karin T Kirchhoff
  • Mark P Finster
  • James F Cleary
PMID: 18788956 PMCID: PMC2842008. DOI: 10.1089/jpm.2008.0072.

抄録

人生の最後の時間には多くの変化が起こります。在宅で死を迎える人の家族は、何が起こっているのかを理解し、ケアを提供するために、これらの変化に備える必要がある。この研究の目的は、(1)在宅での死に備えてホスピスが家族に使用している資料と、(2)そのような資料の内容を記述することであった。無作為に選ばれた400のホスピスにアンケート調査を行い、そのうち170の回答者(45.3%)が資料を送付した。最も頻繁に使用された出版物は、「Gone from My Sight」(n = 118、69.4%)、「Final Gifts」(n = 44、25.9%)、「Careegiving」(n = 14、8.2%)であった。ホスピスの半数(56.5%)が他の出版物を使用し、大多数(n = 87または51.2%)が複数の出版物を使用していた。資料は看護師(78.2%)またはソーシャルワーカー(67.6%)によって家族に渡された。90%以上のホスピスでは、以下の切迫した死の徴候(水分摂取量の減少、食物摂取量の減少、呼吸パターンの変化、四肢の冷え、モタリング、睡眠の増加、死の瞬間の変化、可聴性分泌物、尿量の変化、見当識障害、失禁、全身の衰え、落ち着きのなさ)に対応した資料が用意されていた。痛み(28.2%)、呼吸困難(19.4%)、寝たきり状態(18.2%)、皮膚の変化(18.2%)、バイタルサインの変化(17.1%)、気力の急上昇(11.8%)、下顎呼吸(5.9%)の7つのサインに対応したのは30%未満であった。ホスピスのスタッフは、文書化された資料と家族のニーズとのギャップに口頭で対応できるように、所属機関が提供する資料の内容を知っておくべきである。

Many changes occur in the final hours of life. Family members of those dying at home need to be prepared for these changes, both to understand what is happening and to provide care. The objectives of this study were to describe (1) the written materials used by hospices to prepare families for dying in the home setting and (2) the content of such materials. Questionnaires were sent to 400 randomly selected hospices, of which 170 responded (45.3%) sending their written materials. The most frequently used publications were Gone from My Sight (n = 118 or 69.4%), Final Gifts (n = 44 or 25.9%) and Caregiving (n = 14 or 8.2%). Half (56.5%) of the hospices used other publications and a majority (n = 87 or 51.2%) used multiple publications. Materials were given to the families by nurses (78.2%) or social workers (67.6%). More than 90% of the hospices had materials that addressed the following signs of impending death: decreased fluid intake, decreased food intake, breathing pattern changes, cold extremities, mottling, increased sleeping, changes at the moment of death, audible secretions, urinary output changes, disorientation, incontinence, overall decline and restlessness. Seven signs were addressed less than 30% of the time; pain (28.2%), dyspnea (19.4%), bed-bound state (18.2%), skin changes (18.2%), vital sign changes (17.1%), surge of energy (11.8%) and mandibular breathing (5.9%). Hospice staff should know the content of the materials offered by their agency so they can verbally address the gaps between the written materials and family needs.