国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

臼歯部抜歯部位への経粘膜インプラント即時埋入:12ヶ月間のプロスペクティブ多施設コホート研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Oral Implants Res.2008 May;19(5):476-82.

臼歯部抜歯部位への経粘膜インプラント即時埋入:12ヶ月間のプロスペクティブ多施設コホート研究

Immediate transmucosal implant placement in molar extraction sites: a 12-month prospective multicenter cohort study.

PMID: 18416726

抄録

AIM:

大臼歯抜歯窩への経粘膜的インプラント即時埋入の臨床的およびX線的結果を評価する。

AIM: To assess the clinical and radiographic outcomes of immediate transmucosal placement of implants into molar extraction sockets.

研究デザイン:

12ヵ月間の多施設共同前向きコホート研究。

STUDY DESIGN: Twelve-month multicenter prospective cohort study.

材料と方法:

大臼歯の抜歯後、骨内直径4.8mm、肩部直径6.5mmのテーパードインプラントをソケット内に即時埋入した。急性の根尖病変が認められる臼歯は除外した。インプラントを埋入し、一次的な安定性が得られた後、フラップを再配置して縫合し、非浸潤性の粘膜貫通治癒を行った。インプラント周囲の辺縁部欠損は、ガイド付き骨再生(GBR)の原則に従って、脱タンパクした牛骨ミネラル粒子と生体再生可能なコラーゲン膜を用いて治療されました。ベースライン時と12ヵ月後に標準的なX線写真を撮影した。インプラントショルダー(IS)および歯槽堤(AC)から欠損部底面(BD)までの深さと幅の変化を評価した。

MATERIAL AND METHODS: Following molar extraction, tapered implants with an endosseous diameter of 4.8 mm and a shoulder diameter of 6.5 mm were immediately placed into the sockets. Molars with evidence of acute periapical pathology were excluded. After implant placement and achievement of primary stability, flaps were repositioned and sutured allowing a non-submerged, transmucosal healing. Peri-implant marginal defects were treated according to the principles of guided bone regeneration (GBR) by means of deproteinized bovine bone mineral particles in conjunction with a bioresrobable collagen membrane. Standardized radiographs were obtained at baseline and 12 months thereafter. Changes in depth and width of the distance from the implant shoulder (IS) and from the alveolar crest (AC) to the bottom of the defect (BD) were assessed.

結果:

82名の患者(男性42名、女性40名)が登録され、12ヵ月間の追跡調査が行われた。82本のテーパー型インプラントを埋入した。抜歯部位には十分な残存骨量があり、すべてのインプラントの一次安定性が確保された。インプラントの64%は、36番と46番のエリアに埋入された。全てのインプラント埋入時にGBRを併用した。術後の合併症はありませんでした。すべてのインプラントは問題なく治癒し、12ヵ月後の生存率は100%で、軟組織は健康な状態でした。X線写真では、ベースラインから12ヵ月後のフォローアップまでの間に、中間部および遠位部の堤防骨レベルに統計的に有意な変化(P<0.0001)が観察された。

RESULTS: Eighty-two patients (42 males and 40 females) were enrolled and followed for 12 months. They contributed with 82 tapered implants. Extraction sites displayed sufficient residual bone volume to allow primary stability of all implants. Sixty-four percent of the implants were placed in the areas of 36 and 46. GBR was used in conjunction with the placement of all implants. No post-surgical complications were observed. All implants healed uneventfully yielding a survival rate of 100% and healthy soft tissue conditions after 12 months. Radiographically, statistically significant changes (P<0.0001) in mesial and distal crestal bone levels were observed from baseline to the 12-month follow-up.

結論は以下のとおりである。:

この12ヵ月間の前向きコホート研究の結果、歯根破折、歯内療法の失敗、う蝕など歯周炎以外の理由で失われた下顎および上顎大臼歯を補うために、経粘膜即時インプラント埋入が予測可能な治療法であることが示された。

CONCLUSIONS: The findings of this 12-month prospective cohort study showed that immediate transmucosal implant placement represented a predictable treatment option for the replacement of mandibular and maxillary molars lost due to reasons other than periodontitis including vertical root fractures, endodontic failures and caries.