会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

11beta-ヒドロキシステロイド脱水素酵素。最近の進歩 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Ann. Endocrinol. (Paris).2007 Oct;68(5):349-56. S0003-4266(07)00039-X. doi: 10.1016/j.ando.2007.02.003.Epub 2007-03-26.

11beta-ヒドロキシステロイド脱水素酵素。最近の進歩

[11beta-hydroxysteroide dehydrogenases. Recent advances].

  • M-C Vantyghem
  • S Marcelli-Tourvieille
  • F Defrance
  • J-L Wemeau
PMID: 17368420 DOI: 10.1016/j.ando.2007.02.003.

抄録

11beta-OHSD(11beta-OHSD)酵素は、その受容体にアクセスする前に、コルチゾールの代謝を調節する作用を示します。2種類のアイソザイムが記述されており、2型が最も古くから知られています。コルチゾールをコルチゾンに変化させるタイプ2の11beta-OHSDは、主に腎臓に位置する一方向性デヒドロゲナーゼであり、グルココルチコイドによる不正な活性化からミネラルコルチコイド受容体を保護する。この酵素をコードする遺伝子の変異は、明らかなミネラルコルチコイド過剰症において実証されており、レニンおよびアルドステロンレベルの低下を伴う高血圧および低カリウム血症を誘発する。この遺伝子の多型は本態性高血圧を調節する可能性があり、また、特に甘草中毒後、甲状腺機能低下症、クッシング症候群、慢性腎不全などの後天的な見かけ上のミネラルコルチコイド過剰のある種の形態の原因となる可能性がある。コルチゾンをコルチゾールに変化させるタイプ1の11beta-OHSDは還元酵素で、主に肝臓と脂肪組織に位置しています。この酵素の機能異常は、多嚢胞性卵巣やコルチゾン還元酵素欠損症で示されています。一方、メタボリックシンドローム、コルチコイド誘発性骨粗鬆症、緑内障は、この酵素の局所的な過剰活性と関連している。これら2つの酵素の作用機序を理解することは、現在、11beta-OHSD阻害剤の開発につながり、特にメタボリックシンドロームにおける新たな治療戦略の可能性を拓いています。

11beta-hydroxysteroide dehydrogenase (11beta-OHSD) enzymes exhibit a regulating action upon cortisol metabolism before access to its receptors. Two types of isoenzymes have been described, type 2 being the most anciently known. Type 2 11beta-OHSD, which changes cortisol into cortisone, is a unidirectional dehydrogenase mainly located in kidney, that protects mineralocorticoid receptors from illicit activation by glucocorticoids. Mutations of the gene coding for this enzyme has been demonstrated in apparent mineralocorticoid excess, which induces hypertension and hypokalemia with low renin and aldosterone levels. Polymorphisms of this gene could modulate essential hypertension and also be responsible for certain forms of acquired apparent mineralocorticoid excess especially after liquorice intoxication, in hypothyroidism, Cushing syndrome, and chronic renal insufficiency. Type 1 11beta-OHSD, which changes cortisone into cortisol, is a reductase, mainly located in liver and adipose tissue. Functional defects of this enzyme have been shown in polycystic ovaries and cortisone reductase deficiency. By contrast, metabolic syndrome, corticoid-induced osteoporosis, and glaucoma are linked to a local over-activity of this enzyme. The understanding of action mechanisms of these two enzymes currently leads to 11beta-OHSD inhibitors development, therefore opening new therapeutic strategies, especially in metabolic syndrome.