国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

パキスタンの学校における目の健康に対する認識 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Ophthalmol.2006 Mar;6:8. 1471-2415-6-8. doi: 10.1186/1471-2415-6-8.Epub 2006-03-02.

パキスタンの学校における目の健康に対する認識

Perceptions of eye health in schools in Pakistan.

  • Khabir Ahmad
  • Mohammad Aman Khan
  • Mohammad Daud Khan
  • Mohammad Babar Qureshi
  • Tanveer Anjum Chaudhry
  • Clare Gilbert
PMID: 16512897 PMCID: PMC1434780. DOI: 10.1186/1471-2415-6-8.

抄録

背景:

目の健康に関する児童と教師の認識を探る研究は不足している。本論文では、小学生とその教師の目の健康と病気についての認識、目を健康に保つものと傷めるもの、目の怪我をした場合の対処法について初めて報告する。

BACKGROUND: Research exploring children's and their teachers' perceptions of eye health is lacking. This paper reports for the first time on perceptions of primary schoolchildren and their teachers of healthy and diseased eyes, things that keep eyes healthy and damage them, and what actions to be taken in case of an eye injury.

方法:

パキスタン北部のアボタバード地区にある4つの小学校に通う男女160名(9~12歳)を対象に、絵を描いてもらい、半構造化された質問に答えてラベルを貼ってもらいました。選ばれた生徒を指導している16人の教師に1対1でインタビューを行った。

METHODS: Using draw and write technique, 160 boys and girls (9-12 years old) attending four primary schools in Abbottabad district, northern Pakistan, were invited to draw pictures in response to a set of semi-structured questions and then label them. Sixteen teachers who were currently teaching the selected students were interviewed one-on-one.

結果:

800枚の絵に添えられたテキストとインタビューの台本を分析した結果、ほとんどの児童・教師が健康な目を「よく見える目」、病気の目を「赤み、水が出る、汚れたものが出る、痛みがある、かゆみがある」、「弱視」「失明」と認識していることがわかりました。生徒や教師が目にダメージを与えると考えているものの中には、太陽、テレビ、尖ったもの、特に鉛筆などが含まれていました。教師たちは、目に問題のある子供たちは「黒板がよく見えない」、「目がおかしくなる」、「本を近くに持ちすぎる」と指摘している。

RESULTS: Analysis of text accompanying 800 drawings and of the interview scripts revealed that most children and teachers perceived healthy eyes to be those which could see well, and diseased eyes to be those which have redness, watering, dirty discharge, pain, and itching; or those which have "weak eyesight" and blindness. Among things that students and teachers thought damage the eyes included sun, television, and sharp pointed objects, particularly pencils. Teachers noted that children with eye problems "have difficulty seeing the blackboard well", "screw up their eyes", and "hold their books too close".

結論:

私たちは、学童とその教師は目の健康について十分な知識を持っていたが、多くの学童は、例えば、目の健康を維持するためには、コール、薬、目薬を使用することなどの深刻な誤解を持っていたと結論付けている。コールは鉛の重要な供給源であり、血中濃度が低くても子どもの知能を低下させる可能性がある。学校での保健教育は、目の健康に関する様々な側面についての子どもたちの知識や誤解を考慮に入れなければならない。このような措置が取られれば、学童への目の健康教育の関連性を向上させることができる。

CONCLUSION: We conclude that schoolchildren and their teachers had a good knowledge of eye health, but many of them had serious misconceptions e.g., use of kohl, medicines and eye drops keeps eyes healthy. Kohl is an important source of lead and can reduce children's intelligence even at low blood levels. Health education in schools must take into account children's existing knowledge of and misconceptions about various aspects of eye health. Such steps if taken could improve the relevance of eye health education to schoolchildren.