日本歯科大学新潟短期大学 

新潟
歯科界の源流を汲む教育機関として、新潟から世界へ

日本歯科大学新潟短期大学は、歯科衛生士養成のため昭和58年4月に日本歯科大学附属新潟専門学校として、日本歯科大学新潟生命歯学部のキャンパス内に設立され、昭和62年4月に短期大学に昇格しました。

修業3年間の教育内容は、短大生としての一般教養はもちろんのこと、豊富な教授陣の指導のもとに充実した内容の専門科目が組み込まれています。高学年次における臨床実習は近代的設備の完備した新潟病院内で、優秀な新潟生命歯学部の専任歯科医師、歯科衛生士の指導のもとで、高度の知識に基づく、密度の濃い確かな技能と習慣・態度の情意の習得ができます。

学校法人日本歯科大学の創立以来の建学の精神『自主独立、自助努力』を受けて、日本歯科大学新潟短期大学では、次のようなテーマを軸に歯科衛生士の養成を展開しています。