竹内 一貴

歯科医師
2010年 北海道大学歯学部 卒業、日本歯科大学新潟病院にて卒後臨床研修
2011年 香川県高松市 勤務
2015年 竹内歯科医院 副院長

日本顎咬合学会、日本歯科顕微鏡学会、日本歯科審美学会、日本歯内療法学会、日本磁気歯科学会、日本臨床歯科医学会、歯科臨床研鑽会、神戸GP倶楽部、KDSC、香川県歯科医療研鑽の会、i-project.jr. 主宰
日本歯科大学新潟病院にて口腔外科を中心に研鑽。研修医時代からセミナー参加を重ね、今本道也先生のコース受講をきっかけにSJCDに入会。その後も高田光彦先生のMTAを用いた部分断髄のセミナー、佐藤貴彦先生の緻密なダイレクトボンディングのセミナーをはじめとした多数のセミナーを受講し続けている。
現在は香川県宇多津町にて、『Save The Enamel Save The Pulp』をモットーに1本の歯を大切にする臨床を志し、MTAを使った歯髄保存療法やダイレクトボンディング、マイクロエンドを得意とし、家族経営の歯科医院の副院長として学んだ技術や知識を患者に還元している。四国に入ってくる情報の遅れを危惧し、香川県にてスタディーグループi-project.jr.を主宰。他にも講演会など数多くのイベントを企画している。