会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるセミナー動画への視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

新版 現代の臨床補綴 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

新版 現代の臨床補綴の画像です
実践を最大限に考慮しながら現代最新の補綴治療についてわかりやすく説いた、ロングセラーの最新版がついに完成。歯周補綴の設計からクラウン・ブリッジ、咬合、インプラント、審美補綴まで、診断からメインテナンスまでの考え方と具体的なテクニックを、豊富な症例・イラストを用いながらポイントを押さえて平易に解説している。臨床に補綴治療を取り入れているすべての一般開業医にお勧めしたい必携の書。
第1章 補綴治療を始める前に
・いま補綴ができるか
・補綴物は一歩間違えば破壊装置
・患者のモチベーションを高めるためには


第2章 補綴治療のプランニング
・初診時の診査
・補綴治療が必要と判断された場合の補綴的診査
・どのような補綴治療が可能か どのような補綴治療を行うか
・治療方針の決定
・治療方針決定の具体例
・補綴処置の分類
・歯周治療後の補綴治療のプランニング
・連結
・歯周補綴設計の原則


第3章 プロビジョナル・レストレーションの意義
     プロビジョナル・レストレーションは補綴治療の道標
・プロビジョナル・レストレーションの一般的意義
・歯周治療の各ステップにおけるプロビジョナル・レストレーションの役割
・プロビジョナル・レストレーションの材質に要求される条件
・プロビジョナル・レストレーションのマージン部修正のポイント


第4章 クラウン・マージンの位置
・クラウン・マージンは歯肉縁上か歯肉縁下か
・歯肉退縮を起こしにくい歯周組織の条件づくり
・クラウン・マージンの位置設定に際しての大原則
・クラウン・マージンの位置設定の基準


第5章 クラウンの形成
・クラウンの支台歯形成における留意点


第6章 確実な支台築造
・支台築造法の分類
・鋳造ポストコア
・ポスト部の形成法
・鋳造ポストコアの印象法
・鋳造ポストコアの試適・装着
・鋳造ポストコアの合着
・鋳造ポストコアの欠点
・既製ポスト
・グラスファイバーポストの形成法
・直接法と間接法
・象牙質の接着
・鋳造ポストコアの撤去法


第7章 歯肉圧排と印象採得
・歯肉圧排
・精密印象


第8章 削った歯面を確実にカバーするために
     マイクロ歯科技工
・印象チェック
・模型修正
・作業用模型
・マージン印記と表面処理
・マイクロ歯科技工
・ワックスアップ
・ワンピースキャスト
・鋳造冠内面の調整
・口腔内試適に先だって
・ろう付


第9章 試適、連結、セメント合着
・試適
・レジン築盛冠での咬合のチェック後の模型の再装着
・連結
・仮着
・セメント合着


第10章 咬合I
     咬頭嵌合位の確立と咬合採得
・咬合を扱うに際しての目標
・下顎位
・われわれの考える下顎位、咬頭嵌合位
・プロビジョナル・レストレーションにおける咬頭嵌合位の確立
・咬合採得
・咬合高径
・前歯誘導
・咬合平面
・偏心運動時の咬合様式


第11章 咬合II
     下顎運動と咬合面形態
・下顎運動と咬合面形態
・咬合器の使用
・咬合器の選択
・フェイスボウ・トランスファー


第12章 咬合III
     外傷性咬合と咬合調整
・咬合と顎機能異常
・顎機能異常の原因になるといわれている咬合異常
・咬合と歯周病
・外傷性咬合の診査法
・補綴物を装着する際の咬合のチェックポイント
・咬合調整法
・バイト・プレート


第13章 審美補綴
     審美的な形態、色調とは
・審美とは
・審美性に関係する因子
・審美補綴法とその選択
・審美補綴法とその特徴
・個々の補綴法における留意事項
・症例


第14章 インプラント補綴
・インプラント治療を成功させるために
・インプラント・システムの選択
・アバットメント
・サージカル・ステントの重要性
・一次手術から二次手術までの流れ
・上部構造作製前の診査
・上部構造の構成
・インプラント上部構造作製の一般的な流れ
・上部構造に望まれる条件
・ネジ止めタイプとセメント合着タイプ
・セメント合着タイプの適合性を高めるために
・ネジの緩みに対する臨床的対応
・インプラントにおける審美性追求時の注意点
・インプラントにおける咬合

索引

新版 現代の臨床補綴

歯周治療をふまえた補綴・インプラント治療
  • 著者

    中村 公雄
    多田 純夫
    藤井 康伯
    森田 和子
    宮前 守寛
    佐々木 猛
    重村 宏

  • 出版社

    クインテッセンス出版

  • ページ

    408ページ

  • サイズ

    B5判・上製函入

  • ISBN

    978-4874179239

  • 価格

    30,800円(税込)

買い物かごに入れる