会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

カラーアトラス ハンドブック 歯周治療臨床ヒント集 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

カラーアトラス ハンドブック 歯周治療臨床ヒント集の画像です
歯周治療の新しい知見や考え方を取り入れ、ベーシックな治療技術や手技を紹介、全編アトラス形式で、わかりやすく構成している。臨床に直結した事項を中心に、各章のテーマに対して、目的、適応、術式、症例の順に解説を行っている。症例は典型的な治療例を供覧できるように配慮し、術式などの理解を深めるためにイラストやシェーマを多用した。新しい歯周治療の手引き書として、臨床研修医ならびに一般開業医必携の書。
第1章 歯周疾患とは (出口眞二)
 1.歯周疾患とは
  A.原因
  B.発症機構
  C.分類
  D.生活習慣病として
  E.コンプライアンスを高めるには

第2章 歯周疾患の診査(検査) (太田紀雄)
 1.主訴と口腔外関連因子の診査
  A.問診
  B.一般的診査(全身)
 2.歯周組織の破壊状態(病態)の診査
  A.歯肉形態の診査
  B.歯肉出血と排膿(歯肉炎症と出血)の診査
  C.アタッチメントレベルの診査
  D.ポケットプロービングの診査
  E.付着歯肉の幅の診査
  F.歯周ポケット滲出液の診査
  G.根分岐部病変の診査
  H.歯槽骨形態診査(歯槽骨触診法)
  I.口腔粘膜の診査
  J.口臭の診査
  K.歯の診査
 3.歯周病病因の診査
  A.炎症性因子の診査
  B.外傷性因子の診査
 4.X線診査
  A.各種撮影法
  B.読影の要点
 5.スタディモデルによる診査
 6.口腔病態写真診査
 7.一般臨床検査
 8.歯周チャート、記録用紙
 9.診断

第3章 治療計画 (小方頼昌)
 1.治療計画の立案

第4章 歯周基本治療
 1.緊急処置(太田紀雄)
  A.急性歯肉膿瘍
  B.急性歯周膿瘍
  C.高度の咬合性外傷
  D.異常な歯肉出血の処置
  E.歯頸部知覚過敏症
 2.プラークコントロール(出口眞二/菅谷 彰)
  A.歯周治療におけるプラークコントロールの役割
  B.術者が行うプラークコントロール:PTC
  C.PTCの実際
  D.患者自身が行うプラークコントロール
  E.歯周治療記録表(チャート)について
  F.モチベーション(動機づけ)としてのプラークコントロール
  G.動機づけを行う際の科学的アプローチ
  H.ブラッシング指導の確認とその重要性
 3.スケーリング・ルートプレーニング(小方頼昌/清水映美/山之内文彦)
  A.目的
  B.スケーラーの種類
  C.スケーラーの構造
  D.鎌型スケーラー
  E.グレーシーキュレット
  F.スケーラーの持ち方
  G.スケーリング時の基本原則
  H.スケーリング・ルートプレーニング時のポジション
  I.スケーラーの研磨
 4.咬合調整(太田紀雄)
  A.適応
  B.咬合調整の原則
  C.咬合調整の時期
  D.咬合性外傷を疑う臨床所見
  E.咬合調整に使用する器材
  F.咬合性外傷の診断
  G.咬合調整の順序と術式
  H.歯冠形態の修正
  I.ブラキシズム
 5.咬合治療-固定法-(出口眞二/辻上 弘)
  A.使用期間による分類
  B.暫間固定とは
  C.歯周治療における暫間固定
  D.暫間固定の分類
 6.歯周治療用装置(小方頼昌/増永 浩)
  ●プラークコントロールの実践:開業医の立場から(茂木信道)
  ●ブラッシング指導のコツ(吉本 哲)
  ●レーザー・超音波スケーラーによる治療(山下 修)
  ●プロビジョナルを応用した歯周補綴(横田祐司)

第5章 歯周外科治療
 1.使用器具・機材、パック材料、注意事項(出口眞二/辻上 弘)
  A.使用器具,機材
  B.縫合用器具
  C.その他の器具
  D.歯周包帯(パック)
  E.外科処置後の注意事項
 2.歯周ポケット掻爬術(キュレッタージ)(小方頼昌/清水映美)
  A.目的
  B.適応症と禁忌症
  C.術式
 3.新付着術(小方頼昌/清水映美)
  A.目的
  B.適応症と禁忌症
  C.術式
  D.利点と欠点
  E.縫合
 4.歯肉剥離掻爬術(出口眞二)
  A.歴史
  B.目的
  C.適応症
  D.術式
 5.歯肉切除術と歯肉整形術(太田紀雄)
  A.歯肉切除術
  B.歯肉整形術
 6.歯肉歯槽粘膜形成術(歯周形成外科手術)(太田紀雄)
  A.小帯切除術
  B.歯肉弁根尖側移動術
  C.歯肉弁歯冠側移動術
  D.歯肉弁側方移動術
  E.口腔前庭拡張術
  F.遊離歯肉移植術
  G.上皮下結合組織移植術
 7.再生療法(小方頼昌)
  A.適応症
  B.患者側の要因
  C.術式
  D.エムドゲイン(R)を用いた再生療法
 8.根分岐部病変(出口眞二/伊海博之)
  A.根分岐部病変の原因
  B.根分岐部病変の分類
  C.根分岐部病変に対する治療法の選択
  D.根分岐部病変の治療法

第6章 歯周疾患の薬物療法 (太田紀雄)
 1.歯周ポケット内に用いる薬物
  A.局所薬物配送療法
  B.ポケットイリゲーション(ポケット洗浄法)
 2.含嗽薬
 3.全身投与法
  A.抗菌薬
  B.抗炎症薬
  C.骨吸収抑制薬
  D.骨形成促進薬
 4.歯周病の薬物療法の新たな可能性

第7章 エンド-ペリオ(歯内-歯周病変)の治療
   (小方頼昌/清水映美)
 1.エンド-ペリオとは
  A.Weineの歯内-歯周病変の分類
  B.診査項目
  C.治療の進め方

第8章 特殊な歯周疾患の治療 (太田紀雄/小方頼昌/出口眞二)
 1.臨床例および治療の実際
  A.薬物性歯肉増殖(症)
  B.妊娠時にみられる歯肉炎
  C.白血病性歯肉炎
  D.急性壊死性潰瘍性歯肉炎(ANUG)
  E.慢性剥離性歯肉炎
  F.剥離性歯肉炎と類似の口腔病変と皮膚病変が共存する疾患
  G.侵襲性歯周炎
  H.歯肉線維腫症
  I.Papillon-Lef?vre症候群
  J.糖尿病にみられる歯周病(歯肉炎,歯周炎)

第9章 高齢者・有病者への対応 (出口眞二)
 1.各疾患別対応法
  A.高血圧症
  B.狭心症
  C.心筋梗塞
  D.脳血管障害
  E.不整脈(ペースメーカー使用者)
  F.肝炎
  G.結核
  H.糖尿病
  I.腎疾患

第10章 メインテナンス (太田紀雄/音琴淳一)
 1.メインテナンスとは
  A.定義
  B.目的
  C.術式

索引

カラーアトラス ハンドブック 歯周治療臨床ヒント集

  • 著者

    太田 紀雄
    小方 頼昌
    出口 眞二

  • 出版社

    クインテッセンス出版

  • ページ

    244ページ

  • サイズ

    B5判変型

  • ISBN

    978-4874178034

  • 価格

    10,780円(税込)

買い物かごに入れる