国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

母乳で育った乳児が摂取する脂肪酸の種類と量は、成長と発達に重要である | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Nutrients.2021 Nov;13(11).

母乳で育った乳児が摂取する脂肪酸の種類と量は、成長と発達に重要である

The Fatty Acid Species and Quantity Consumed by the Breastfed Infant Are Important for Growth and Development.

PMID: 34836439

抄録

ヒトの母乳(HM)の脂肪酸(FA)は,HMのリピドームの構成要素であり,乳児の健康と発育に寄与するが,乳児の摂取に関しては包括的な特徴が明らかにされていない。西オーストラリア州の18組の母子家庭から、6ヵ月間の母乳育児期間中に毎月、縦断的なHMサンプルを提供してもらった。毎月の体格測定、健康データ、および母親の基本的な食事頻度データも収集された。3ヵ月後に、乳児の24時間ミルク摂取量および総脂質摂取量を測定した。FAプロファイルは、ガスクロマトグラフィー質量分析法を用いて分析した。線形回帰とピアソンの相関を用いて,HMのFA組成,HMのFA摂取量,母親の特徴と乳児の成長および発達の結果との関連を明らかにした。乳児の総脂質の平均摂取量は29.7±9.4g/日であった。HMのFA組成は、夫婦間および授乳期間中に大きく変動した。C15:0,C18:1,C18:2,C20:3を含む多くのFAの乳児摂取量は,乳児の成長に正の相関を示した(すべて<0.001)。C22:5およびC20:5と乳児の頭囲との間には関係が検出されなかった。乳児の総脂質摂取量と多くのFAの乳児摂取量は、乳児の成長と発達に不可欠な役割を果たしている。本研究では、C15:0およびC18:2種を含む、これまでに報告されていない多くのHM FAの重要な関係が明らかになった。今後のHM研究では,乳児の転帰を摂取量との関連で考慮する必要がある。

The fatty acids (FAs) of human milk (HM) are the building blocks of the HM lipidome, contributing to infant health and development; however, this has not been comprehensively characterised with respect to infant intake. Eighteen Western Australian mother-infant dyads provided monthly longitudinal HM samples during six months of exclusive breastfeeding. Monthly anthropometric measurements, health data and basic maternal food frequency data were also collected. At three months, infant 24 h milk intake and total lipid intake were measured. The FA profile was analysed using gas chromatography-mass spectrometry. Linear regression and Pearson's correlation were used to identify associations between HM FA composition, HM FA intake, maternal characteristics and infant growth and developmental outcomes. Mean infant intake of total lipids was 29.7 ± 9.4 g/day. HM FA composition exhibited wide variation between dyads and throughout lactation. Infant intake of a number of FAs, including C15:0, C18:1, C18:2 and C20:3, was positively related to infant growth (all < 0.001). There were no relationships detected between C22:5 and C20:5 and infant head circumference. Infant total lipid intake and the infant intake of many FAs play essential roles in infant growth and development. This study highlights the important relationships of many HM FAs not previously described, including C15:0 and C18:2 species. Infant outcomes should be considered in the context of intake in future HM studies.