国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

抗酸化物質摂取患者のQOLに及ぼす予防的抜歯の影響-前向き縦断的研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Environ Res Public Health.2021 11;18(21).

抗酸化物質摂取患者のQOLに及ぼす予防的抜歯の影響-前向き縦断的研究

Influence of Preventive Tooth Extractions on Quality of Life in Patients with Antiresorptive Intake-A Prospective Longitudinal Study.

PMID: 34770164

抄録

背景:

抗吸収療法を受けている患者の予防的抜歯が、患者の総合的な生活の質(QoL)に直接影響を与えるかどうかを明らかにすること;方法。方法:EuroQol GroupのEQ-5D尺度の5レベル版(EQ-5D-5L)を用いて、予防的抜歯の適応を持つN = 114人の患者を12カ月間にわたって縦断的に評価した。患者は、高リスク患者(骨転移を伴う悪性疾患または多発性骨髄腫で、毎月高用量の抗骨吸収療法を静脈内投与(ビスフォスフォネート)または皮下投与(デノスマブ))と、低リスク/骨粗鬆症患者(毎週低用量の抗骨吸収療法を経口投与(ビスフォスフォネート)または半年に1回皮下投与(デノスマブ))に層別された。測定時点は、それぞれ術前4週間(T0)、術後2カ月(T1)、術後1年(T2)とした。

BACKGROUND: To find out whether preventive tooth extractions in patients on antiresorptive therapy have a direct impact on the patients' overall quality of life (QoL); Methods: QoL using the five-level version of the EuroQol Group's EQ-5D instrument (EQ-5D-5L) was longitudinally assessed in N = 114 prospectively enrolled patients with indication of preventive tooth extraction over a period of 12 months. Patients were stratified as high-risk (malignant disease with bone metastasis or multiple myeloma, with monthly high-dose antiresorptive therapy delivered intravenously [bisphosphonate] or subcutaneously [denosumab]) and low-risk/osteoporosis patients (weekly low-dose antiresorptive therapy administered orally [bisphosphonate] or half-yearly subcutaneously [denosumab]). The measurement time points were 4 weeks preoperatively (T0), 2 months (T1) and 1 year postoperatively (T2), respectively.

結果:

EQ-5D-5L指標スコアは、低リスク群で-0.21〜1.00、高リスク群で0.15〜1.00の範囲で低下した。両群のベースライン指数スコアを比較した-検定では、低リスク群のEQ-5D-5L指数スコア(0.708±0.292)が高リスク群(0.807±0.19)よりも有意に小さい(=0.037)ことが示された。ANCOVAでは、T1とT2の両群間で、EQ-5D-5L指標スコアに有意な差はなかった。

RESULTS: EQ-5D-5L index scores fell in a range from -0.21 to 1.00 in the low-risk group to 0.15 to 1.00 in the high-risk group. The -test comparing the baseline index scores of both groups showed EQ-5D-5L index score in the low-risk group (0.708 ± 0.292) to be significantly smaller ( = 0.037) than in the high-risk group (0.807 ± 0.19). ANCOVA showed no significant differences in EQ-5D-5L index scores between the groups at T1 and T2.

結論:

抗腫瘍剤治療を受けている患者の予防的抜歯は、QoLに悪影響を及ぼさない。したがって、適応があれば、予防的抜歯を省略すべきではない。患者に合わせた治療を行うためには、リスクとベネフィットのバランスをとるために、患者本位のアウトカム測定が重要である。

CONCLUSIONS: Preventive tooth extractions in patients undergoing antiresorptive treatment have no negative effect on QoL. Therefore, if indicated, preventive tooth extraction should not be omitted. Patient-oriented outcome measures are important to obtain a good risk-benefit balance for patient-specific treatment.