国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

天疱瘡と天疱瘡。From Disease Mechanisms to Druggable Pathways | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Invest Dermatol.2021 Oct;

天疱瘡と天疱瘡。From Disease Mechanisms to Druggable Pathways

Pemphigus and Pemphigoid: From Disease Mechanisms to Druggable Pathways.

PMID: 34756581

抄録

天疱瘡と類天疱瘡は、ヒトにおける抗体を介した自己免疫疾患のメカニズムを理解するためのパラダイムである。天疱瘡では、IgG4を主成分とする自己抗体が、デスモグレインとの相互作用に直接干渉し、それに続くデスモソームやシグナル伝達経路を破壊することで、表皮内水疱を引き起こす。天疱瘡では、基底膜ゾーン抗原に対するIgG1、IgG4、およびIgE自己抗体がヘミデスモソームの接着を直接妨害し、補体およびFc受容体を介したエフェクター経路を活性化する。天疱瘡および類天疱瘡の疾患メカニズムの解明により、臨床試験の機会が数多く得られ、これらの生命を脅かす可能性のある疾患に対して、より安全で効果的な治療法を見出すことが期待されます。

Pemphigus and pemphigoid are paradigms for understanding the mechanisms of antibody-mediated autoimmune disease in humans. In pemphigus, IgG4-predominant autoantibodies cause intraepidermal blistering by direct interference with desmoglein interactions and subsequent disruption of desmosomes and signaling pathways. In pemphigoid, IgG1, IgG4, and IgE autoantibodies against basement membrane zone antigens directly interfere with hemidesmosomal adhesion, activating complement and Fc receptor‒mediated effector pathways. Unraveling disease mechanisms in pemphigus and pemphigoid has identified numerous opportunities for clinical trials, which hold promise to identify safer and more effective therapies for these potentially life-threatening diseases.