国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

初発の症候性深部静脈血栓症の遠位提示と近位提示における年齢,性別,特定の誘発因子の役割:SWIss Venous ThromboEmbolism Registry(SWIVTER)の解析結果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Intern Emerg Med.2021 Nov;

初発の症候性深部静脈血栓症の遠位提示と近位提示における年齢,性別,特定の誘発因子の役割:SWIss Venous ThromboEmbolism Registry(SWIVTER)の解析結果

Role of age, sex, and specific provoking factors on the distal versus proximal presentation of first symptomatic deep vein thrombosis: analysis of the SWIss Venous ThromboEmbolism Registry (SWIVTER).

PMID: 34731428

抄録

年齢、性別、およびそれらの相互作用が、深部静脈血栓症(DVT)の誘発危険因子に与える影響を評価することを目的としました。また、初発の症候性急性DVTの症状が遠位部と近位部で分離して現れた場合の危険因子についても、予後の違いを考慮して検討しました。SWIss Venous ThromboEmbolism Registry(SWIVTER)の今回の解析では、症候性肺塞栓症を伴わない下肢の孤立性遠位DVT(n=184、35%)と近位DVT(n=346)の患者の人口統計学的特徴とベースラインの特徴を比較し、血栓の発生部位に関連する要因を明らかにしました。全体の平均年齢は59±19歳で、266名(50%)が女性、106名(20%)ががん患者、86名(16%)が最近の手術、52名(10%)が急性感染症・敗血症でした。多変量解析では、最近の手術(オッズ比(OR)2.92、95%信頼区間(CI)1.80-4.73)が孤立性遠位DVTの診断と独立して関連し、がん(OR 2.01、95%CI 1.20-3.35)、41~75歳の男性(OR 2.21、95%CI 1.33-3.67)、急性感染症/敗血症(OR 2.71、95%CI 1.29-5.66)が近位DVTの診断と関連していました。SWIVTERでは、年齢、性別、およびVTEを誘発するいくつかの危険因子が、最初に症状を呈したDVTの発症部位と関連しているようでした。癌、男性、急性感染症・敗血症はDVTの近位部と関連し、最近の手術は遠位部と関連しており、血栓の発生部位と予後との関連の交絡因子として作用していると考えられます。

We aimed to evaluate the impact of age, sex, and their interactions with provoking risk factors for deep vein thrombosis (DVT). In addition, we intended to provide additional insights on risk factors associated with the isolated distal versus proximal presentation of first symptomatic acute DVT, both being characterized by different prognosis. In the present analysis from the SWIss Venous ThromboEmbolism Registry (SWIVTER), we compared demographic and baseline characteristics in patients with isolated distal (n = 184; 35%) versus proximal (n = 346) DVT of the lower limbs without symptomatic pulmonary embolism, and identified factors related with the presenting thrombosis location. In the overall population, mean age was 59 ± 19 years, 266 (50%) were women, 106 (20%) patients had cancer, 86 (16%) recent surgery, and 52 (10%) acute infection/sepsis. In a multivariable analysis, recent surgery [odds ratio (OR) 2.92, 95% confidence interval (CI) 1.80-4.73] was independently associated with a diagnosis of isolated distal DVT, whereas cancer (OR 2.01, 95% CI 1.20-3.35), male sex aged 41 to 75 years (OR 2.21, 95% CI 1.33-3.67), and acute infection/sepsis (OR 2.71, 95% CI 1.29-5.66) with a diagnosis of proximal DVT. In SWIVTER, age, sex, and several provoking risk factors for VTE appeared to be related with the presenting location of first symptomatic DVT. Cancer, male sex, and acute infection/sepsis were associated with a proximal location of DVT, whereas recent surgery was associated with a distal presentation, likely acting as confounders for the association between thrombosis location and prognosis.