国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

米国、カナダ、英国、台湾における非癌性疼痛に対する新規使用者のオピオイド処方。集団ベースのコホート研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
PLoS Med.2021 Nov;18(11):e1003829.

米国、カナダ、英国、台湾における非癌性疼痛に対する新規使用者のオピオイド処方。集団ベースのコホート研究

Opioid prescribing among new users for non-cancer pain in the USA, Canada, UK, and Taiwan: A population-based cohort study.

PMID: 34723956

抄録

背景:

北米におけるオピオイドの流行は、処方されたオピオイドの使用量と効力の増加に起因しており、それに伴ってオピオイド関連の死亡者数も増加しています。海外では、オピオイド関連の死亡率は低いが、これは処方や医療制度の方針の違いによるものと考えられる。我々の目的は、4カ国の5つの施設で、がんではない患者に対するオピオイドの処方率を比較することでした。さらに、薬の種類、強さ、開始用量の違いと、これらの特徴が時間の経過とともに変化するかどうかを評価した。

BACKGROUND: The opioid epidemic in North America has been driven by an increase in the use and potency of prescription opioids, with ensuing excessive opioid-related deaths. Internationally, there are lower rates of opioid-related mortality, possibly because of differences in prescribing and health system policies. Our aim was to compare opioid prescribing rates in patients without cancer, across 5 centers in 4 countries. In addition, we evaluated differences in the type, strength, and starting dose of medication and whether these characteristics changed over time.

方法と結果:

がんの既往のない、オピオイドの新規使用者である成人を対象に、多施設共同のレトロスペクティブコホート研究を実施した。ボストン(米国)、ケベック州とアルバータ州(カナダ)、英国、台湾の電子医療記録と行政医療記録を用いて、2006年から2015年の間に患者を特定した。モルヒネミリグラム等価物(MME)での標準投与量は、The Centers for Disease Control and Preventionに従って算出した。各管轄区域において、年齢と性別を基準としたオピオイド処方率を算出した。対象となった2,542,890人の患者のうち、44,690人がボストン(米国)、1,420,136人がアルバータ州、26,871人がケベック州(カナダ)、1,012,939人が英国、38,254人が台湾の患者でした。2014年の標準的なオピオイド処方率が最も高かったのはアルバータ州で66/1,000人であったのに対し、英国、米国、ケベック州ではそれぞれ52、51、18/1,000人であった。処方開始時のMME/日の中央値(IQR)は、ボストンが38(20~45)で最も高く、次いでケベックが27(18~43)、アルバータが23(9~38)、英国が12(7~20)、台湾が8(4~11)であった。米国では、65%の患者にオキシコドンが初めて処方されたのに対し、ケベック州では14%、アルバータ州では4%、英国では0.1%、台湾ではゼロでした。限界としては、10年間の全期間において、すべての施設からデータが得られなかったことが挙げられる。

METHODS AND FINDINGS: We conducted a retrospective multicenter cohort study of adults who are new users of opioids without prior cancer. Electronic health records and administrative health records from Boston (United States), Quebec and Alberta (Canada), United Kingdom, and Taiwan were used to identify patients between 2006 and 2015. Standard dosages in morphine milligram equivalents (MMEs) were calculated according to The Centers for Disease Control and Prevention. Age- and sex-standardized opioid prescribing rates were calculated for each jurisdiction. Of the 2,542,890 patients included, 44,690 were from Boston (US), 1,420,136 Alberta, 26,871 Quebec (Canada), 1,012,939 UK, and 38,254 Taiwan. The highest standardized opioid prescribing rates in 2014 were observed in Alberta at 66/1,000 persons compared to 52, 51, and 18/1,000 in the UK, US, and Quebec, respectively. The median MME/day (IQR) at initiation was highest in Boston at 38 (20 to 45); followed by Quebec, 27 (18 to 43); Alberta, 23 (9 to 38); UK, 12 (7 to 20); and Taiwan, 8 (4 to 11). Oxycodone was the first prescribed opioid in 65% of patients in the US cohort compared to 14% in Quebec, 4% in Alberta, 0.1% in the UK, and none in Taiwan. One of the limitations was that data were not available from all centers for the entirety of the 10-year period.

結論:

今回の研究では、非がん性疼痛に対するオピオイド処方に、国や地域によって大きな違いがあることがわかりました。北米では、より高いMME/day、より強力なオピオイドを患者に投与する傾向があり、これがオピオイドの蔓延の一因となっている可能性がある。

CONCLUSIONS: In this study, we observed substantial differences in opioid prescribing practices for non-cancer pain between jurisdictions. The preference to start patients on higher MME/day and more potent opioids in North America may be a contributing cause to the opioid epidemic.