国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

2-Deoxy-D-glucoseは口腔扁平苔癬におけるT細胞によるケラチノサイトのアポトーシスを抑制する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Cell Mol Med.2021 Nov;25(21):10257-10267.

2-Deoxy-D-glucoseは口腔扁平苔癬におけるT細胞によるケラチノサイトのアポトーシスを抑制する

2-Deoxy-D-glucose impedes T cell-induced apoptosis of keratinocytes in oral lichen planus.

PMID: 34672419

抄録

口腔扁平苔癬(OLP)は、T細胞を介した免疫炎症性疾患である。解糖系はT細胞の免疫応答に不可欠な役割を果たしている。活性化されたT細胞の解糖経路を遮断することは、自己免疫疾患の免疫過程を抑制するための治療戦略となる。2-Deoxy-D-glucose (2-DG)は、免疫細胞の解糖系を調べるために広く用いられている。本研究では、2-DGによる解糖系の阻害が、OLP由来のT細胞の免疫反応の制御に果たす役割を探ることを目的とした。その結果、乳酸脱水素酵素A(LDHA)の発現がOLP病変部および局所T細胞で上昇していることが確認された。2-DGは、T細胞におけるLDHA、p-mTOR、Hif1α、PLD2の発現を抑制し、T細胞の増殖を低下させ、アポトーシスを増加させた。2-DGで処理したT細胞は、LDHAの発現が低下し、アポトーシスが上昇した。その結果、共培養したケラチノサイトのアポトーシス集団が減少したが、これは共培養系におけるIFN-γレベルの低下と関連していた。ラパマイシンは、T細胞とケラチノサイト間の免疫反応に対する2-DGの効果を増強した。以上の結果から、OLP由来のT細胞は、増殖のために高い解糖能力に依存している可能性があり、2-DG処理とラパマイシンを併用することで、T細胞の反応を緩和し、ケラチノサイトのアポトーシスを減少させることに貢献できる可能性があると考えられた。

Oral lichen planus (OLP) is a T cell-mediated immunoinflammatory disease. Glycolysis plays an essential role in T-cell immune responses. Blocking glycolytic pathway in activated T cells represents a therapeutic strategy for restraint of immunologic process in autoimmune disorders. 2-Deoxy-D-glucose (2-DG) has been widely used to probe into glycolysis in immune cells. This study was aimed to explore the role of glycolysis inhibition by 2-DG on regulating immune responses of OLP-derived T cells. We observed that lactic dehydrogenase A (LDHA) expression was elevated in OLP lesions and local T cells. 2-DG inhibited the expression of LDHA, p-mTOR, Hif1α and PLD2 in T cells; meanwhile, it decreased proliferation and increased apoptosis of T cells. T cells treated by 2-DG showed lower LDHA expression and elevated apoptosis, resulting in a reduced apoptotic population of keratinocytes that were co-cultured with them, which was related to the decreased levels of IFN-γ in co-culture system. Rapamycin enhanced the effects of 2-DG on immune responses between T cells and keratinocytes. Thus, these findings indicated that OLP-derived T cells might be highly dependent upon high glycolysis for proliferation, and 2-DG treatment combined with rapamycin might be an option to alleviate T-cell responses, contributing to reducing apoptosis of keratinocytes.