国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

閉塞感のある睡眠時呼吸障害、睡眠時ブラキシズム、歯周病 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Orthod Fr.2019 12;90(3-4):301-310.

閉塞感のある睡眠時呼吸障害、睡眠時ブラキシズム、歯周病

[Obstructive Sleep disordered breathing, sleep bruxism and periodontal diseases].

PMID: 34643517

抄録

睡眠時呼吸障害(SDB)は、睡眠時ブラキシズムや歯周病と関連している可能性があります。本稿では、睡眠時ブラキシズムの特徴と歯周病との関連性、および歯周病と睡眠時ブラキシズムとの関連性を裏付ける最新のエビデンスについて、最新の文献をもとに解説することを目的とする。睡眠時ブラキシズムは、典型的にはN2睡眠段階で、微小覚醒を伴う睡眠中の筋肉の食いしばりと歯ぎしりを特徴とする。睡眠時ブラキシズムが見られる確率は、SDBがある場合には約4倍高く、上気道閉塞や酸素欠乏のエピソードとブラキシズムのエピソードとの間には密接な時間的関係があり、閉塞後の0〜10秒間に起こることが多い。これらの知見は、睡眠時ブラキシズムがSDBによって引き起こされ、上気道の透過性を回復させるための筋肉活動という「保護的」な役割を果たしているという仮説を支持するものである。一方で、SDBは歯周病との関連も指摘されています。歯周病は、口腔内の健康(歯根膜の破壊や歯の喪失につながる)や一般的な健康に悪影響を及ぼす炎症性・生物学的異常疾患です。近年、SDB患者は重度の歯周炎に罹患または発症するリスクが1.6倍から4倍高いことが観察されており、SDBが歯周病の新たなリスクファクターである可能性が示唆されています。睡眠医学の専門家チームの一員である歯科医師は、SDBの発見、予防、治療、および睡眠時ブラキシズムや歯周病との関係において重要な役割を担っている。

Sleep disordered breathing (SDB) may be associated with sleep bruxism and periodontal diseases. Through a review of the current literature, this article aims to describe the characteristics of sleep bruxism and its relationship with SDB as well as the current evidence supporting an association between periodontal diseases and SDB. Sleep bruxism is characterized by muscle clenching and tooth grinding during sleep, typically during N2 sleep stage and in association with micro-arousals. The probability of observing sleep bruxism is almost 4 times higher in the presence of SDB, with a close temporal relationship between the episode of upper airway obstruction or oxygen desaturation and the episode of bruxism, which most often occurs in the 0-10 seconds following the obstruction. These findings support the hypothesis that sleep bruxism is triggered by SDB and may have a "protective" role being a muscular activity that helps restore the permeability of the upper airways. On the other hand, SDB have been linked to periodontal diseases. Periodontal diseases are inflammatory and dysbiotic disorders that can have a negative impact on oral health (leading to the destruction of the periodontium and tooth loss) and on general health. Recently, it has been observed that SDB patients have a 1.6 to 4-fold higher risk of having or developing severe periodontitis, suggesting that SDB may be a new risk factor for periodontal diseases. Dentists, who are part of the team of sleep medicine specialists, have a key role in the detection, prevention and treatment of SDB and their relationship with sleep bruxism and periodontal diseases.