国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

Outcome of Endodontic Treatment(歯内療法の治療結果)。最も引用された論文 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Endod.2021 Sep;

Outcome of Endodontic Treatment(歯内療法の治療結果)。最も引用された論文

Outcome of Endodontic Treatment: The Most Cited Publications.

PMID: 34562500

抄録

はじめに:

被引用数や被引用密度などの定量的な指標を用いた文献分析は、過去に発表された研究が現在の研究に与える影響を評価するためによく用いられる方法です。これまでにも、被引用数に基づいて論文をランク付けした歯内療法に関する書誌学的研究がいくつか発表されています。しかし、現在までのところ、歯内療法の治療結果に関連する最も引用された論文に焦点を当てた研究は不足しています。本研究の目的は、非外科的根管治療(NSRCT)、非外科的根管治療(NSRCR)、および根管手術(RCS)の結果に関連して、最も引用された出版物とその引用密度を特定することであった。

INTRODUCTION: Bibliographic analysis using quantitative measurements such as citation number and citation density is a common method used to evaluate the impact of previously published studies on current research. Several bibliographic endodontic studies ranking publications based on their number of citations have been published. However, to date, a focus on the most cited articles related to the outcome of endodontic treatment is lacking. The purpose of this study was to identify the most cited publications and their citation density as related to the outcome of nonsurgical root canal treatment (NSRCT), nonsurgical root canal retreatment (NSRCR), and root canal surgery (RCS).

方法は以下の通りです。:

Web of Scienceプラットフォームを用いて、NSRCT、NSRCR、RCSの結果に関するすべての引用文献を検索した。検索には、関連するすべてのカテゴリーを網羅するキーワードが含まれていました。1960年5月から2021年7月までに発表された英語の論文のみを対象とした。刊行物は以下のグループに分けた。NSRCT、NSRCR、およびRCS。各グループはさらに、実験研究とレビュー研究に細分化した。出版物を分析し、各出版物が受けた引用の数に応じて降順に並べた。被引用数が100以上の論文のみを対象とした。また、被引用密度も評価した。

METHODS: A search of all citations regarding the outcome of NSRCT, NSRCR, and RCS was performed using the Web of Science platform. The search included key words covering all relevant categories. Only publications in the English language published between May 1960 and July 2021 were included. The publications were divided into the following groups: NSRCT, NSRCR, and RCS. Each group was further subdivided into experimentation studies and review studies. The publications were analyzed and sorted in descending order according to the number of citations that each publication has received. Only publications with 100 citations or more were included. Citation density was also assessed.

結果:

見つかったNSRCTの被引用数は257件で、221件(86%)が実験研究、36件(14%)がレビュー研究であった。221件のNSRCT実験研究のうち、100件以上の引用があったのは41件(18.55%)であった。36件のNSRCTレビュー研究のうち、9件(25%)が100件以上の引用をしていた。51件(83.6%)が実験研究で、10件(16.4%)がレビュー研究であった。51件のNSRCRの実験研究のうち、100件以上の引用があったのは5件(9.8%)でした。NSRCRの実験研究51件のうち、100件以上の引用は5件(9.8%)、NSRCRのレビュー研究10件のうち、100件以上の引用は2件(20%)でした。RCSの総引用数は119件で、90件(75.6%)が実験研究、29件(24.4%)がレビュー研究でした。90件のRCS実験研究のうち、100件以上の引用があったのは11件(12.2%)でした。29件のRCSレビュー研究のうち、100件以上の引用があったのは2件(6.9%)でした。歯内療法の結果に関する論文のうち、100件以上引用されたものは70件でした。50件(71.4%)がNSRCT群に、7件(10%)がNSRCR群に、13件(18.6%)がRCS群に関連していた。

RESULTS: The total number of NSRCT citations found was 257; 221 (86%) were experimentation studies, and 36 (14%) were review studies. Of the 221 NSRCT experimentation studies, 41 (18.55%) had 100 citations or more. Of the 36 NSRCT review studies, 9 (25%) had 100 citations or more. The total number of NSRCR citations found was 61; 51 (83.6%) were experimentation studies, and 10 (16.4%) were review studies. Of the 51 NSRCR experimentation studies, 5 (9.8%) had 100 citations or more. Of the 10 NSRCR review studies, 2 (20%) had 100 citations or more. The total number of RCS citations found was 119; 90 (75.6%) were experimentation studies, and 29 (24.4%) were review studies. Of the 90 RCS experimentation studies, 11 (12.2%) had 100 citations or more. Of the 29 RCS review studies, 2 (6.9%) had 100 citations or more. In total, 70 publications on the outcome of endodontic treatment had 100 or more citations. Fifty publications (71.4%) pertained to the NSRCT groups, 7 publications (10%) to the NSRCR groups, and 13 publications (18.6%) to the RCS groups.

結論:

歯内療法の結果を研究した論文が歯内療法の分野に与える影響を評価する上で、書誌的分析は有益な手段である。

CONCLUSIONS: Bibliographic analysis is a beneficial aid for assessing the impact of publications studying the outcome of endodontic treatment on the field of endodontics.