国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

日本人の脳血管疾患の発症に及ぼす脳血管疾患の既往と血糖値の影響について | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cardiovasc Diabetol.2021 09;20(1):174.

日本人の脳血管疾患の発症に及ぼす脳血管疾患の既往と血糖値の影響について

Impact of prior cerebrovascular disease and glucose status on incident cerebrovascular disease in Japanese.

PMID: 34479567

抄録

背景:

脳血管障害(CVD)の既往と血糖値の異常はともにCVDの危険因子であるが,同じコホートで後続のCVDとの関連を調べた大規模研究はほとんどない。そこで,現実のデータを用いて,CVDの既往,血糖値の状態,およびそれらの組み合わせがその後のCVDに与える影響を比較した。

BACKGROUND: Although both a history of cerebrovascular disease (CVD) and glucose abnormality are risk factors for CVD, few large studies have examined their association with subsequent CVD in the same cohort. Thus, we compared the impact of prior CVD, glucose status, and their combinations on subsequent CVD using real-world data.

研究方法:

本研究は,2008年から2016年にかけて3年以上追跡した18~72歳の男性363,627人を対象としたレトロスペクティブコホート研究である。参加者は、空腹時血糖値、HbA1c、および抗糖尿病薬の処方によって、正常血糖、境界血糖、または糖尿病に分類された。前後のCVD(虚血性脳卒中,一過性脳虚血発作,非外傷性脳内出血)は,ICD-10コードを用いた請求,医療処置,および質問票に基づいて特定した。

METHODS: This is a retrospective cohort study including 363,627 men aged 18-72 years followed for ≥ 3 years between 2008 and 2016. Participants were classified as normoglycemia, borderline glycemia, or diabetes defined by fasting plasma glucose, HbA1c, and antidiabetic drug prescription. Prior and subsequent CVD (i.e. ischemic stroke, transient ischemic attack, and non-traumatic intracerebral hemorrhage) were identified according to claims using ICD-10 codes, medical procedures, and questionnaires.

結果:

参加者の平均年齢は46.1±9.3歳、フォローアップ期間の中央値は5.2(4.2、6.7)年であった。Cox回帰分析の結果、CVD+の既往があると、血糖値の状態にかかわらず、CVDのリスクが高まることがわかった(正常血糖値:ハザード比(HR)8.77、95%CI 6.96-11.05、境界血糖値。HR, 7.40, 95% CI 5.97-9.17; 糖尿病:HR, 5.73, 95% CI 4.52-7.25)。)正常血糖値と比較して、境界域血糖値はCVDのリスクに影響しなかったが、CVD-の人では糖尿病がその後のCVDに影響した(HR、1.50、95%CI 1.34-1.68)。CVD-/糖尿病では、年齢、現在の喫煙、収縮期血圧、高比重リポ蛋白コレステロール、HbA1cがCVDリスクと関連していたが、CVD+/糖尿病では収縮期血圧のみがCVDリスクと関連していた。

RESULTS: Participants' mean age was 46.1 ± 9.3, and median follow up was 5.2 (4.2, 6.7) years. Cox regression analysis showed that prior CVD + conferred excess risk for CVD regardless of glucose status (normoglycemia: hazard ratio (HR), 8.77; 95% CI 6.96-11.05; borderline glycemia: HR, 7.40, 95% CI 5.97-9.17; diabetes: HR, 5.73, 95% CI 4.52-7.25). Compared with normoglycemia, borderline glycemia did not influence risk of CVD, whereas diabetes affected subsequent CVD in those with CVD- (HR, 1.50, 95% CI 1.34-1.68). In CVD-/diabetes, age, current smoking, systolic blood pressure, high-density lipoprotein cholesterol, and HbA1c were associated with risk of CVD, but only systolic blood pressure was related to CVD risk in CVD + /diabetes.

結論:

CVDの既往は,耐糖能や血糖コントロールよりもCVDのリスクに大きな影響を与えた。糖尿病とCVDの既往がある参加者では,収縮期血圧はHbA1cよりも強い危険因子であった。個別の治療戦略では,耐糖能の状態とCVDの既往を考慮する必要がある。

CONCLUSIONS: Prior CVD had a greater impact on the risk of CVD than glucose tolerance and glycemic control. In participants with diabetes and prior CVD, systolic blood pressure was a stronger risk factor than HbA1c. Individualized treatment strategies should consider glucose tolerance status and prior CVD.