国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

異なる根管充填システムで充填された歯内療法済みの歯の耐破壊性の評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Pharm Bioallied Sci.2021 Jun;13(Suppl 1):S109-S111.

異なる根管充填システムで充填された歯内療法済みの歯の耐破壊性の評価

Assessment of Fracture Resistances of Endodontically Treated Teeth Filled with Different Root Canal Filling Systems.

PMID: 34447055

抄録

背景:

歯内療法の目的は,歯を洗浄し,形を整え,最後に根管充填を行うことである.本研究では,異なる根管充填システムを用いて歯内療法を行った歯の耐破壊性を評価した.

Background: The motive of endodontic therapy is cleaning, shaping, and subsequently obturation. This study assessed different root canal filling systems in terms of fracture resistances of endodontically treated teeth.

研究方法:

本研究は、80本の下顎永久歯を5つのグループに分けて実施した。グループIはネガティブコントロール、グループIIはポジティブコントロール、グループIIIはガッタパーチャ/AH Plus、グループIVはThermafil/AH Plus、グループVはResilon/Epiphany SEとした。万能試験機で破壊抵抗を測定した。

Methodology: This study was conducted on eighty single-rooted permanent mandibular incisor teeth which were divided into five groups: Group I was negative control; Group II was positive control; Group III comprised of gutta-percha/AH Plus; Group IV comprised of Thermafil/AH Plus; and Group V Resilon/Epiphany SE. Universal testing machine measured fracture resistance.

結果:

I群の平均破壊抵抗値は458.6±112.4N、II群は214.8±104.6N、III群は428.6±108.2N、IV群は388.2±126.2N、V群は334.8±102.7Nであり、その差は統計的に有意であった(<0.05)。また、グループ間の比較では、I-II、I-V、II-III、II-IVの各グループ間で統計的に有意な差(<0.05)が認められた。

Results: The mean fracture resistance in Group I was 458.6 ± 112.4 N, in Group II was 214.8 ± 104.6 N, in Group III was 428.6 ± 108.2 N, in Group IV was 388.2 ± 126.2 N, and in Group V was 334.8 ± 102.7 N. The difference found to be statistically significant ( < 0.05). Intergroup comparison showed a statistically significant difference ( < 0.05) between Groups I-II, I-V, II-III, and II-IV.

結論:

AH Plusシーラーとガッタパーチャを用いて行った側方集束とThermafil法は、他のすべての方法の中で最も高かったことがわかった。

Conclusion: The authors found that lateral condensation performed with AH Plus sealer and gutta-percha and the Thermafil technique were the highest among all other methods.