国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

電解洗浄によるインプラント周囲炎の治療と機械的洗浄および電解洗浄との比較:無作為化対照臨床試験の18ヵ月間の結果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Clin Med.2021 Aug;10(16).

電解洗浄によるインプラント周囲炎の治療と機械的洗浄および電解洗浄との比較:無作為化対照臨床試験の18ヵ月間の結果

Treatment of Periimplantitis with Electrolytic Cleaning versus Mechanical and Electrolytic Cleaning: 18-Month Results from a Randomized Controlled Clinical Trial.

PMID: 34441770

抄録

本RCTは,バイオフィルムを除去する電解法(EC),またはパウダースプレーと電解法の併用(PEC)のいずれかを用いて,インプラント周囲炎の病変を再生治療した後の,患者の18ヵ月間の臨床転帰を評価するものである. インプラント周囲炎に罹患した24名の患者(24本のインプラント)に対し,ECまたはPECによる無作為な治療を行い,その後,オーグメンテーションとサブマージヒーリングを行った.Probing pocket depth(PPD),Bleeding on Probing(BoP),化膿,標準X線写真を術前(T0),オーグメンテーションの6ヵ月後(T1),修復物の交換の6ヵ月後(T2)と12ヵ月後(T3)に評価した. 平均PPDは、5.8±1.6mm(T0)から3.1±1.4mm(T3)に変化しました。T0でのBoPとSuppurationは100%であったが、BoPはT2で36.8%、T3で35.3%に減少した。膿瘍はT2で10.6%、T3で11.8%のレベルであることがわかった。インプラント肩部からインプラントの接触面に最初に見える骨までのX線写真上の骨レベルを測定したところ、T0では近心部位で4.9±1.9mm、遠心部位で4.4±2.2mm、T3では1.7±1.7mmと1.5±17mmであった。 治療開始から18ヵ月後には、X線写真上での有意な骨充填と臨床パラメータの改善が確認された。

This RCT assesses patients' 18-month clinical outcomes after the regenerative therapy of periimplantitis lesions using either an electrolytic method (EC) to remove biofilms or a combination of powder spray and an electrolytic method (PEC). Twenty-four patients (24 implants) suffering from periimplantitis were randomly treated by EC or PEC followed by augmentation and submerged healing. Probing pocket depth (PPD), Bleeding on Probing (BoP), suppuration, and standardized radiographs were assessed before surgery (T0), 6 months after augmentation (T1), and 6 (T2) and 12 (T3) months after the replacement of the restoration. The mean PPD changed from 5.8 ± 1.6 mm (T0) to 3.1 ± 1.4 mm (T3). While BoP and suppuration at T0 were 100%, BoP decreased at T2 to 36.8% and at T3 to 35.3%. Suppuration was found to be at a level of 10.6% at T2 and 11.8% at T3. The radiologic bone level measured from the implant shoulder to the first visible bone to the implant contact was 4.9 ± 1.9 mm at mesial sites and 4.4 ± 2.2 mm at distal sites at T0 and 1.7 ± 1.7 mm and 1.5 ± 17 mm at T3. Significant radiographic bone fill and the improvement of clinical parameters were demonstrated 18 months after therapy.