国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

光力学療法(aPDT)後のEnterococcus FaecalisおよびActinomyces Israelii微生物のX線写真および抗菌性評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Photodiagnosis Photodyn Ther.2021 Sep;35:102433.

光力学療法(aPDT)後のEnterococcus FaecalisおよびActinomyces Israelii微生物のX線写真および抗菌性評価

Radiographic and antimicrobial evaluation of enterococcus Faecalis and Actinomyces Israelii micro-organisms after photodynamic therapy (aPDT).

PMID: 34256171

抄録

この研究では、Enterococcus faecalisとActinomyces israeliiに対するAntimicrobial Photodynamic Therapy(aPDT)の作用を評価しました。治療の異なる段階で、根管系からサンプルを採取し、qPCRにより細菌を同定した。歯髄壊死と根尖病変の診断を受けた50本の歯(切歯、犬歯、小臼歯)を無作為に選び、2つのグループに分けた。グループ1(G1)-Mechanical Chemical Preparation(MPQ)と管内投薬による歯内療法、グループ2(G2)-MPQ、管内投薬、APDT2回塗布による歯内療法。APDTは、0.005%メチレンブルーの塗布、波長660nm、90秒で行った。フォローアップは初回のX線写真と治療終了後60日後のX線写真で行った。X線写真を2人の審査員が評価してスコア化し、歯周病の修復を全修復、部分修復、修復の疑い、修復なしに分類した。Enterococcus faecalisはG1でG2よりも多く検出された。Actinomyces israeliiはG1とG2で同等に検出された。コレクション1、2、3の間で2つの細菌を評価したところ、G1とG2の両方で差がなかった。X線写真の評価では、変数グループと修復分類の間に関連性があった。APDTは歯内療法の成果を促進するものではなく,従来の治療と同様であった。しかし,本研究では,治療後の細菌の検出には,分子レベルの方法では効率的ではない可能性が指摘されており,コロニーフォーミングユニットは有効な定量法として補完的な役割を果たしていると考えられる.今後は,DPDTの有効性を示す新たな研究が必要である。

This study evaluated the action of Antimicrobial Photodynamic Therapy (aPDT) on Enterococcus faecalis and Actinomyces israelii. Samples were taken from the root canal system, at different stages of treatment and bacteria were identified through qPCR. Fifty teeth (incisors, canines, and premolars) with pulp necrosis and periapical lesion diagnosis were randomly selected and divided into 2 groups: Group 1 (G1) - Endodontic Therapy with Mechanical Chemical Preparation (MPQ) and intracanal medication; Group 2 (G2) - Endodontic therapy with MPQ, intracanal medication, and 2 applications of aPDT. APDT was performed with application of 0.005% methylene blue, wavelength of 660 nm, and 90 seconds. Follow-up was performed with an initial x-ray and an x-ray 60 days after the end of treatment. The radiographs were scored evaluated by two examiners to classify periapical repair: total repair, partial repair, doubtful repair, or no repair. Enterococcus faecalis was found more frequently in G1 than G2. Actinomyces israelii was found equally in G1 and G2. Evaluation of the two bacteria between collections 1, 2 and 3, showed that there was no difference, both in G1 and in G2. There was association between the variables group and repair classification in radiographs evaluation. APDT did not promote better results in endodontic treatment, being similar to conventional treatment. However, this study pointed out that molecular methods may not be efficient in detecting bacteria after treatment, and colony-forming units may complement, being an effective quantifying method. Therefore, new studies must be carried out to show the possible effectiveness of aPDT.