国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

解剖学、外科解剖学、およびマイクロサージェリーの歴史を特に参照したmicroneurosurgical anatomyの進化:歴史的概観 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Neurosurg Rev.2021 Jul;

解剖学、外科解剖学、およびマイクロサージェリーの歴史を特に参照したmicroneurosurgical anatomyの進化:歴史的概観

Evolution of microneurosurgical anatomy with special reference to the history of anatomy, surgical anatomy, and microsurgery: historical overview.

PMID: 34232407

抄録

本稿では,マイクロニューロサージェリー解剖学(MNA)の進化を,解剖学,外科解剖学,マイクロサージェリーの発展に特に言及しながらレビューする。解剖学は,古代ギリシャ時代にヒポクラテスやガレノスなどが自然科学の追求の一環として始めたものと言える。16世紀になると、ヴェサリウスがガレノスの知識を復活させるとともに、人体解剖学の新しい知識を加えて大きな貢献をした。また、16世紀には、アンブロワーズ・パレが近代的な外科手術を始めたと言われています。外科手術の発展に伴い、複雑な病気を治療するためには、より詳細な解剖学的知識が必要となった。当時の著名な外科医の多くは、解剖学者でもあり、手術のために解剖学の知識を広めようとしていました。このようにして、外科と解剖学は共に発展し、それぞれの進歩はお互いに恩恵をもたらしました。外科解剖学の概念は、18世紀に発展し、19世紀には特に盛んになりました。20世紀に入ると、耳鼻科のカール・O・ナイレンを皮切りに、さまざまな外科分野でマイクロサージェリーが導入された。特に脳外科の分野では、JacobsonとSuarezが動物での微小血管吻合に成功し、その後、M.G.Yasargilらが開発した臨床応用に続いて、今世紀後半に盛んになり、普及していきました。外科医が微小神経外科手術を正確かつ安全に行うためには、手術用顕微鏡で見た外科解剖の知識が重要となり、A.L.Rhoton, Jr.を代表とする多くの神経外科医がMNAを本格的に発展させていきました。

This article reviews the evolution of microneurosurgical anatomy (MNA) with special reference to the development of anatomy, surgical anatomy, and microsurgery. Anatomy can be said to have started in the ancient Greek era with the work of Hippocrates, Galen, and others as part of the pursuit of natural science. In the sixteenth century, Vesalius made a great contribution in reviving Galenian knowledge while adding new knowledge of human anatomy. Also in the sixteenth century, Ambroise Paré can be said to have started modern surgery. As surgery developed, more detailed anatomical knowledge became necessary for treating complicated diseases. Many noted surgeons at the time were also anatomists eager to spread anatomical knowledge in order to enhance surgical practice. Thus, surgery and anatomy developed together, with advances in each benefiting the other. The concept of surgical anatomy evolved in the eighteenth century and became especially popular in the nineteenth century. In the twentieth century, microsurgery was introduced in various surgical fields, starting with Carl O. Nylen in otology. It flourished and became popularized in the second half of the century, especially in the field of neurosurgery, following Jacobson and Suarez's success in microvascular anastomosis in animals and subsequent clinical application as developed by M.G. Yasargil and others. Knowledge of surgical anatomy as seen under the operating microscope became important for surgeons to perform microneurosurgical procedures accurately and safely, which led to the fuller development of MNA as conducted by many neurosurgeons, among whom A.L. Rhoton, Jr. might be mentioned as representative.