会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Anterior Veneer Restorations - Evidence-based Minimal-Intervention Perspective | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Adhes Dent.2021 Apr;23(2):91-110.

Anterior Veneer Restorations - Evidence-based Minimal-Intervention Perspective

Anterior Veneer Restorations - An Evidence-based Minimal-Intervention Perspective.

PMID: 33825424

抄録

目的:

本レビューの目的は、(1)低侵襲戦略を用いて前歯部のベニアを修復する際に、セラミックとコンポジットレジンのどちらを使用するかについてのエビデンスを説明すること、および(2)前歯部のベニア修復のための材料およびテクニックの選択について議論することである。

PURPOSE: The goals of this review are (1) to describe the evidence behind the use of ceramics vs composite resin to restore teeth with anterior veneers using a minimally-invasive strategy; and (2) to discuss the choice of materials and techniques for anterior veneer restorations.

概説:

近年、歯科界では新しい接着性修復材料や技術が導入されている。直接修復用のナノフィルドコンポジットレジン、審美性と強度を兼ね備えた新しいセラミック材料、間接修復用のポリマー/セラミック材料などである。これらの材料は、CAD/CAM技術を用いてチェアサイドで製作され、歯科医師は修復物の設計、製作、接着を一度に行うことができる。新しい材料の導入には目新しさや新しい技術が必要ですが、これらの材料の裏付けとなるエビデンスは、何年も前から歯科医師が使用してきた類似の材料や技術と比較して、その使用を正当化するものではありません。ラミネートベニアの成功や新しい材料やデジタル技術の人気にもかかわらず、古典的なダイレクトコンポジットレジンベニアは今でも臨床家の間で非常に人気があり、歯科学校や生涯教育コースで教えられています。ダイレクトコンポジットレジンベニヤは、インダイレクトベニヤよりも安価で、歯質への侵襲も少なく、修復も容易です。現在のコンポジットレジン材料は、歯のような外観に仕上げることができるが、表面の光沢が変化したり、コンポジットレジンが変色する可能性があるという問題がある。一方、インダイレクトベニアの準備は一般的に侵襲性が高く、それぞれの修復物の修復はより困難です。さらに、接着したセラミック修復物の審美的な結果は、修復物を歯質に接着するために使用される象牙質接着剤とレジン合着セメントの臨床的な挙動に依存している。

OVERVIEW: In recent years new adhesive restorative materials and techniques have been introduced in dentistry, including nanofilled composite resins for direct restorations, new ceramic materials that combine esthetics and strength, and polymer/ceramic materials for indirect restorations that are fabricated chairside using CAD/CAM technology, allowing the dentist to design, mill, and cement the restoration in one session. In spite of the novelty and new technology behind the introduction of new materials, the available evidence that backs some of these materials does not justify their use over similar materials or techniques that have been used by dentists for some years. Notwithstanding the success of laminate veneers and the popularity of new materials and digital techniques, the classical direct composite resin veneer is still very popular among clinicians and taught in dental schools and continuing education courses. Direct composite resin veneers are usually more affordable than indirect veneers, less invasive of the tooth structure, and easier to repair. Current composite resin materials can be finished to a tooth-like appearance, but they are susceptible to alterations of the surface gloss and potential discoloration of the composite resin. On the other hand, the preparation for indirect veneers is generally more invasive and the respective restorations are more difficult to repair. In addition, the esthetic outcome of bonded ceramic restorations still depends on the clinical behavior of the dentin adhesive and resin luting cement used to bond the restoration to the tooth structure.

おわりに:

修復治療の最終目標は、機能と審美性を回復し、う蝕の再発や歯髄腔への細菌の侵入を防ぎ、歯質を保存し、患者の幸福を促進することである。審美的な臨床処置のための新しい歯科材料の武器は、ここ数年で飛躍的に増加しています。前歯部のベニア修復のためのさまざまな材料やテクニックの使用は、マーケティングの宣伝文句や証言ではなく、確かな証拠に基づいて行わなければなりません。

CONCLUSIONS: The ultimate goals of any restorative treatment are to restore function and esthetics, prevent recurrent caries lesions and bacterial leakage into the pulp space, save tooth structure, and promote the well-being of our patients. The armamentarium of new dental materials for esthetic clinical procedures has increased exponentially in the last few years. The use of different materials and techniques for anterior veneer restorations must be based on sound evidence rather than on the marketing hype or testimonials.