会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

OCTを用いたセラミックベニヤの内部適合性の評価 - プレパレーションデザインとセラミックの厚さによる | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Dent Mater.2021 03;37(3):423-431.

OCTを用いたセラミックベニヤの内部適合性の評価 - プレパレーションデザインとセラミックの厚さによる

OCT evaluation of the internal adaptation of ceramic veneers depending on preparation design and ceramic thickness.

PMID: 33288325

抄録

目的:

光干渉断層計(OCT)を用いて、作製デザインとセラミックベニアの厚みが界面結合に及ぼす影響をin vitroで評価する。

OBJECTIVES: In-vitro evaluation of the influence of preparation design and thickness of ceramic veneers on the interfacial bond using optical coherence tomography (OCT).

方法は以下の通りです。:

64本の中切歯を、象牙質の露出がない状態から完全に露出するまでの4種類の前処理デザインに無作為に割り当てた(各n = 16):非前処理(NP)、最小侵襲(MI、象牙質の露出なし)、半侵襲(SI、象牙質50%)、侵襲(I、象牙質100%)。2種類の厚さ(0.2-0.5mm(T1)および>0.5-1.2mm(T2))のセラミックベニア(IPS InLine Veneer)をエッチングし,シラン処理を施し,接着剤(Optibond FL,Variolink Veneer)で接着した。水分保存(37°C,21日間),熱サイクル(2000サイクル,5°-55°C),機械的負荷(200万サイクルと100万サイクル,50Nと100N)を行った後,スペクトルドメインOCT(Telesto II,Thorlabs)で試料を撮影した。35枚のOCT Bスキャンを等間隔に配置し,セラミック-複合材および歯-複合材界面の接着性欠陥を定量化した(長さ,%)。統計的差異はWilcoxon/Mann-Whitney-U-test(α=0.05)で検証した。

METHODS: Sixty-four central incisors were randomly assigned to four preparation designs differing from no to complete dentine exposure (n = 16 each): non-prep (NP), minimal-invasive (MI, no dentine exposure), semi-invasive (SI, 50% dentine) and invasive (I, 100% dentine). Ceramic veneers (IPS InLine Veneer) of two thicknesses (0.2-0.5 mm (T1) and > 0.5-1.2 mm (T2)) were etched, silanized, and adhesively luted (Optibond FL, Variolink Veneer). After water storage (37 °C, 21d), thermocycling (2000 cycles, 5°-55 °C), and mechanical loading (2 + 1 million cycles, 50 + 100 N) specimens were imaged by spectral-domain OCT (Telesto II, Thorlabs). Adhesive defects at the ceramic-composite and tooth-composite interfaces were quantified on 35 equidistantly distributed OCT B-scans (length, %). Statistical differences were verified with Wilcoxon-/Mann-Whitney-U-test (α = 0.05).

結果:

接着欠陥は,程度の差はあるものの,すべてのグループで両界面に出現した(0.1~31.7%)。NPベニアとMIベニアでは,両界面に有意な差は認められなかった(p>0.05)。SI群とI群では,歯とコンポジットの界面に接着性の欠陥が現れたが,veneerとコンポジットの界面では有意に多かった(p≦0.039)。また,以下の準備デザインとベニアの厚さで差が認められた(p≦0.021)。ベニアとコンポジットのNP-T1<I-T1,MI-T1<I-T1,I-T1>I-T2;歯牙用コンポジット。np-t1<si-t1,np-t1<i-t1,np-t2>mi-t2,mi-t1<si-t1,mi-t1<i-t1,si-t1<i-t1,mi-t2<si-t2,mi-t2<i-t2.

RESULTS: Adhesive defects appeared in all groups at both interfaces, albeit to differing extents (0.1 - 31.7%). NP and MI veneers showed no significant differences at the interfaces (p > 0.05). In groups, SI and I, significantly more adhesive defects appeared at the tooth-composite compared to the veneer-composite interface (p ≤ 0.039). The following preparation designs and veneer thicknesses showed differences (p ≤ 0.021): Veneer-composite: NP-T1 < I-T1, MI-T1 < I-T1, I-T1 > I-T2; Tooth-composite: NP-T1 < SI-T1, NP-T1 < I-T1, NP-T2 > MI-T2, MI-T1 < SI-T1, MI-T1 < I-T1, SI-T1 < I-T1, MI-T2 < SI-T2, MI-T2 < I-T2.

重要性:

セラミックベニヤの界面接着性はプリパレーションデザインとベニヤの厚さに影響された。少なくとも0.5mmのセラミックの厚さと歯質を露出させない準備が界面接着には有利である。

SIGNIFICANCE: The interface adhesion of ceramic veneers was influenced by the preparation design and the veneer thickness. A ceramic thickness of at least 0.5 mm and a preparation without exposing dentine is advantageous for the interfacial bond.