国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

慢性歯周炎患者のopen flap debridementの結果に歯周病の表現型が与える影響の臨床評価。介入研究の比較 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Periodontol.2021 Aug;92(8):1171-1180.

慢性歯周炎患者のopen flap debridementの結果に歯周病の表現型が与える影響の臨床評価。介入研究の比較

Clinical evaluation of impact of periodontal phenotype on the outcome of open flap debridement in patients with chronic periodontitis: A comparative interventional study.

PMID: 33152127

抄録

背景:

いくつかの研究では、様々な歯周病治療の結果に歯周病の表現型(PP)が関与していることが示唆されている。しかし、慢性歯周炎の管理のためのopen flap debridement(OFD)の結果に対するPPの影響を推定する調査は行われていない。

BACKGROUND: Several studies have implicated the role of periodontal phenotype (PP) in the outcome of various periodontal interventions. However investigations have not been performed to estimate such impact on the outcome of open flap debridement (OFD) for the management of chronic periodontitis.

方法:

73名の慢性歯周炎患者にスケーリングとルートプレーニング(SRP)を行った。SRPの8週間後に、プロービングデプス(PD)が4mm以上、歯肉指数(GI)が1以上で、前歯2本以上の4箇所以上に存在し、水平方向の骨量減少がX線で確認された患者40名(いずれかのPPの20名)に対して、modified Widman flap(MWF)手術を行った。PD,臨床的アタッチメントレベル(CAL),歯肉退縮,プラークインデックス,GI,プロービング時の出血(BOP)をベースライン時,3ヵ月後,6ヵ月後に記録した。PPは歯周プローブを用いて中顔面の歯肉縁を透過させて評価した。

METHODS: A total of 73 individuals with chronic periodontitis underwent scaling and root planing (SRP). Eight weeks following SRP, modified Widman flap (MWF) surgery was performed in 40 patients (20 of either PP) presenting with probing depth (PD) ≥4 mm and gingival index (GI) ≥1 at ≥4 sites distributed over ≥2 anterior teeth with radiographic evidence of horizontal bone loss. PD, clinical attachment level (CAL), gingival recession, plaque index, GI, and bleeding on probing (BOP) were recorded at baseline, 3 and 6 months. PP was assessed using transparency of periodontal probe through the gingival margin at midfacial level.

結果:

RESULTS: A total of 34 patients were re-evaluated after intervention. All periodontal parameters improved in both groups after periodontal surgery. PD & PP were found to have positive correlation with CAL gain in ≥7 mm probing sites. Attachment gain of >2 mm was observed in more percentage of sites in thick PP than in thin PP.

結論:

PPはOFDのCALゲインに影響を与える重要な因子であると考えられる。

CONCLUSION: PP can be an important factor influencing CAL gain in OFD.