会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Porcelain Laminate Veneersの生存率。A Systematic Review | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur J Dent.2021 May;15(2):360-368.

Porcelain Laminate Veneersの生存率。A Systematic Review

Survival Rates for Porcelain Laminate Veneers: A Systematic Review.

PMID: 33003243

抄録

このシステマティックレビューの目的は,ポーセレン・ラミネート・ベニア(PLV)の長期,中期,短期の生存率に関する最新の情報を分析・比較し,現在の研究の均質性やその欠如を調べることである。PubMed,Ovid MEDLINE,Cochrane Library,Web of Science,EBSCO,Science Direct,Wiley,Scopusの各データベースを用いて電子検索を行った。PRISMAガイドラインに基づき,2000年以降に出版された研究論文,追跡期間が1年以上の研究,Kaplan-Meier推定累積生存率の報告を主な対象とした。収録された研究の質の評価は,24項目からなる修正された体系的評価リストを用いて行った.30件のフルテキストの論文を詳細にレビューした。合計30件の論文が組み入れ基準を満たし、質的統合のために選択された。残りの27の論文は、現在の文献の不均質性とベニア修復の寿命の報告について議論するために残された。PLVSの20年以上の寿命については、決定的な評価がなされていない。現行の文献で入手可能な証拠は、サンプルサイズと追跡期間の点で限られている。しかし、大多数の研究では、PLVの成功率は高く、患者の転帰は予測可能であると結論づけられている。現在の文献では、研究デザインの不均一性が高まっていることが示されている。研究者は、システマティックレビューやメタアナリシスに含めることができる均質な研究デザインを目指すべきである。

The aim of this systematic review was to analyze and compare the most up-to-date information available on long-term, medium-term, and short-term survival rates of porcelain laminate veneers (PLVs) and investigate the homogeneity in current studies or lack of it. An electronic search was performed using PubMed, Ovid MEDLINE, Cochrane Library, Web of Science, EBSCO, Science Direct, Wiley, and Scopus databases. Based on the PRISMA guidelines, the main inclusion criteria consisted of research articles published after the year 2000, studies with a follow-up period of at least 1 year and reporting of the Kaplan-Meier estimated cumulative survival rates. Quality assessment of the included studies was performed using the modified systematic assessment list consisting of 24 items. Thirty full-text articles were reviewed in detail. A total of 30 articles met the inclusion criteria and were selected for qualitative synthesis. The remaining 27 publications were retained to discuss the heterogeneity in the current literature and reported longevity of veneer restorations. A conclusive estimation of the longevity of PLVS beyond 20 years is lacking. The availability of evidence in the current literature is limited in terms of sample size and duration of follow-up. However, the majority of studies have concluded that PLVs have high-success rates and predictable patient outcomes. The present literature indicates an increased heterogeneity among research study designs. Researchers should aim for homogeneous study designs that can be included in systematic reviews and meta-analyses.