会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるセミナー動画への視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

舌神経修復の臨床的成果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Br J Oral Maxillofac Surg.2021 01;59(1):39-45.

舌神経修復の臨床的成果

Clinical outcomes of lingual nerve repair.

PMID: 32800402

抄録

舌神経損傷は、第三大臼歯抜歯の合併症としてよく知られており、永久的な舌の感覚障害を引き起こし、感覚の喪失や変化、不注意な舌の噛みしめ、不快な神経障害性疼痛の発生などの症状を引き起こし、結果としてQOLが損なわれることがある。われわれは,舌神経の直接吻合により,感覚回復の改善と神経障害性疼痛の軽減がもたらされるかどうか,また,手術を遅らせることに意味があるかどうかを判断するため,前向きケースシリーズの結果を分析した.当院の神経損傷クリニックで下顎第三大臼歯抜歯時の損傷を受けて神経修復術を受けた患者114名を対象に、術前と術後に質問票と視覚的アナログスケール(VAS)を用いて感覚障害を評価し、痛み、しびれ、不快感の評価を行った。神経感覚検査では,ライトタッチ,ピン・プリック,2点識別の閾値を評価した.主観的には、94%の患者が神経修復後に感覚が改善したと感じ、舌を噛むこと(p<0.0001)、言語障害(p<0.0001)、神経障害性疼痛(p=0.0017)の発生率が著しく減少していた。定量的な神経感覚データでは、ライトタッチ、ピンプリック、2点識別が非常に有意に改善し(すべてp<0.0001)、痛み(p=0.0145)、うずき(p<0.0025)、不快感(p<0.0001)のVASスコアは有意に減少した。術前に痛みが強かった患者(VAS>40)では、痛みが非常に有意に軽減された(p<0.0001)。手術成績と患者の年齢や手術までの期間との間に相関は認められなかった.舌神経修復術は,手術が遅れた場合でも,良好な感覚的転帰を示し,神経障害性疼痛の発生率と程度が有意に改善される.

Lingual nerve injury, a well-described complication of third molar removal, may result in permanent lingual sensory deficit leading to symptoms including lost or altered sensation, inadvertent tongue biting, and the development of unpleasant neuropathic pain, with consequent impaired quality of life. We analysed outcomes of a prospective case series to determine whether direct anastomosis of the lingual nerve results in improved sensory recovery and reduced neuropathic pain, and whether delayed surgery is worthwhile. In 114 patients who underwent nerve repair at our nerve injury clinic following damage sustained during mandibular third molar removal, sensory deficit was assessed before and after surgery using a questionnaire and visual analogue scales (VAS) to assess pain, tingling, and discomfort. Neurosensory tests were utilised to evaluate light touch, pin-prick, and two-point discrimination thresholds. Subjectively, 94% patients felt their sensation had improved following nerve repair, with significant reductions in the incidence of tongue biting (p<0.0001), impaired speech (p<0.0001), and neuropathic pain (p=0.0017). Quantitative neurosensory data showed highly significant improvements in light touch, pin-prick, and two-point discrimination (all p<0.0001), and VAS scores for pain (p=0.0145), tingling (p<0.0025), and discomfort (p<0.0001) were significantly reduced. Patients with high levels of pain preoperatively (VAS>40) showed highly significant reductions in pain (p<0.0001). No correlation was found between surgical outcome and patient's age or delay until surgery. Lingual nerve repair results in good sensory outcomes and significant improvements in the incidence and degree of neuropathic pain, even when delayed.