国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur Endod J.2020;5(2):73-80.

Current Trends in the Use of Irrigant Activation Techniques Among Endodontists & Post-Graduate Dental Students in India -A Knowledge, Attitude and Practice Based Survey.

PMID: 32766515

抄録

調査目的:

本調査の目的は、インドの歯内療法士および歯学部卒の学生を対象に、Irigant Activation Techniques(IAT)の実践・使用状況を調査することである。

Objective: The aim of this survey was to examine the practice/use of Irrigant Activation Techniques (IAT) among Endodontists and post-graduate dental students in India.

調査方法:

インド歯内療法学会の会員902名に電子メールで調査の案内を送付しました。5人の歯内療法の専門家による検証を経て、合計32の質問を最終的に決定しました。アンケートには、2つの人口統計学的質問、7つの知識ベースの質問、11の態度に関する質問、12のIATの実践に関する質問が含まれていました。信頼性は、10人の参加者に無作為に15日後に再度調査票を記入してもらうことで確認しました。データの分析には、カイ二乗検定を用いた(P<0.05)。

Methods: An invitation to participate in this survey was sent by electronic mail to 902 members of Indian Endodontic society. A total of 32 questions were finalized for the survey after validation by five endodontic experts. Survey contained 2 demographic questions, 7 knowledge based questions, 11 questions on attitude and 12 questions on practice of IAT. The reliability was checked by randomly asking 10 participants to fill the survey forms again after 15 days. The data was analyzed using chi-square test (P<0.05).

結果:

Results: The overall response rate for the survey was 30.5%. The content validity ratio for the questionnaire was 0.972 & the reliability calculated using Kappa scores was 0.978. Most of the respondents (87.3%) use IAT, while 4.7% do not use IAT. Most commonly used IAT was Manual dynamic agitation (MDA) used by 28.7%, followed by Ultrasonics in 17.2%. Sonic & negative pressure (EndoVac) was used by less than 10% of respondents. Combination of IAT was used by 39%. In 23 (5 on knowledge, 9 on attitude & 9 on practice) out of the 32 questions in this survey, there was a statistically significant difference (P<0.05) in the answers between the groups, with post-graduate dental students opting the correct choices. Sodium hypochlorite (NaOCl) is the preferred choice of irrigant for IAT according to 48.6%, Chlorhexidine (CHX) is used by 4.2% & Ethylene diamine tetra acetic acid (EDTA) by 2.4%. Combination of two irrigants is used by 28.7% and 6% use all the three irrigants.

結論:

インドの歯内療法医の大多数は、イリゲーションの効果を高めるために何らかのIATを使用している。MDAは最も一般的に使用されているIATである。

Conclusion: Vast majority of the Endodontist in India use some form of IAT to improve the efficacy of irrigation. MDA is the most commonly used IAT.