国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

Fe-Fe-ヒドロゲナーゼの成熟。電子常磁性共鳴、赤外、X線吸収分光法で追跡したH-クラスター集合体の中間体 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Biol. Inorg. Chem..2020 Jul;10.1007/s00775-020-01799-8. doi: 10.1007/s00775-020-01799-8.Epub 2020-07-13.

Fe-Fe-ヒドロゲナーゼの成熟。電子常磁性共鳴、赤外、X線吸収分光法で追跡したH-クラスター集合体の中間体

[FeFe]-hydrogenase maturation: H-cluster assembly intermediates tracked by electron paramagnetic resonance, infrared, and X-ray absorption spectroscopy.

  • Brigitta Németh
  • Moritz Senger
  • Holly J Redman
  • Pierre Ceccaldi
  • Joan Broderick
  • Ann Magnuson
  • Sven T Stripp
  • Michael Haumann
  • Gustav Berggren
PMID: 32661785 DOI: 10.1007/s00775-020-01799-8.

抄録

FeFe]ヒドロゲナーゼ酵素は、効率的かつ可逆的な水素変換のために、ユニークな有機金属補酵素を使用しています。このいわゆるHクラスターは、一酸化炭素とシアン化合物の配位子とアザジチオラート配位子(adt=NH(CHS))-[4FeFe-4S]サブコンプレックスに結合した[4Fe-4S]システインとアゾジチオラート配位子(adt=NH(CHS))-[FeFeFe]-水素化酵素アポ蛋白質から構成されていますが、合成ジ鉄サイト前駆体錯体(2Fe)を添加することで、[4Fe-4S]サブコンプレックスのみを結合させた[4Fe-4S]サブコンプレックスをin vitroで完全に活性化することができます。このような補酵素集合体のメカニズムを解明することは、改良された水素処理合成触媒の設計に役立つであろう。本研究では、電子常磁性共鳴法,フーリエ変換赤外分光法,X線吸収分光法を組み合わせて、緑藻クラミドモナス・リナデルティイのアポタンパク質(HydA1)と[2Fe]との混合により開始されるH-クラスター集合体の中間体の特徴を明らかにした。これら3つの方法は一貫して、混合後数秒以内にCO阻害状態(Hox-CO)の完全なH-クラスターが急速に形成されることを示している。さらに、FTIR分光法は、Hox-COの形成が短命のHred'-CO様中間体によって先行するモデルを支持している。Hox-COの蓄積は、触媒活性状態(Hox)へのより遅い変換とHクラスタの還元状態の形成をもたらすCOの放出に続いていた。

[FeFe]-hydrogenase enzymes employ a unique organometallic cofactor for efficient and reversible hydrogen conversion. This so-called H-cluster consists of a [4Fe-4S] cubane cysteine linked to a diiron complex coordinated by carbon monoxide and cyanide ligands and an azadithiolate ligand (adt = NH(CHS))·[FeFe]-hydrogenase apo-protein binding only the [4Fe-4S] sub-complex can be fully activated in vitro by the addition of a synthetic diiron site precursor complex ([2Fe]). Elucidation of the mechanism of cofactor assembly will aid in the design of improved hydrogen processing synthetic catalysts. We combined electron paramagnetic resonance, Fourier-transform infrared, and X-ray absorption spectroscopy to characterize intermediates of H-cluster assembly as initiated by mixing of the apo-protein (HydA1) from the green alga Chlamydomonas reinhardtii with [2Fe]. The three methods consistently show rapid formation of a complete H-cluster in the oxidized, CO-inhibited state (Hox-CO) already within seconds after the mixing. Moreover, FTIR spectroscopy support a model in which Hox-CO formation is preceded by a short-lived Hred'-CO-like intermediate. Accumulation of Hox-CO was followed by CO release resulting in the slower conversion to the catalytically active state (Hox) as well as formation of reduced states of the H-cluster.