会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

牛乳房炎を引き起こす黄色ブドウ球菌に対するファージ療法のin vitroおよびin vivo評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Glob Antimicrob Resist.2020 Jul;S2213-7165(20)30165-X. doi: 10.1016/j.jgar.2020.06.020.Epub 2020-07-06.

牛乳房炎を引き起こす黄色ブドウ球菌に対するファージ療法のin vitroおよびin vivo評価

In vitro and in vivo assessment of phage therapy against Staphylococcus aureus causing bovine mastitis.

  • C Ngassam-Tchamba
  • J N Duprez
  • M Fergestad
  • A De Visscher
  • T L'Abee-Lund
  • S De Vliegher
  • Y Wasteson
  • F Touzain
  • Y Blanchard
  • R Lavigne
  • N Chanishvili
  • D Cassart
  • J Mainil
  • D Thiry
PMID: 32645442 DOI: 10.1016/j.jgar.2020.06.020.

抄録

目的:

本研究の目的は、牛乳房炎の原因となる黄色ブドウ球菌に対する溶解性バクテリオファージの有効性を、ガレリア・メロネラとマウス乳房炎モデルを用いたin vitroおよびin vivoアッセイによって評価することであった。

OBJECTIVES: The aim of this study was to assess the efficacy of lytic bacteriophages onStaphylococcus aureus causing bovine mastitis, by in vitro and in vivo assays using Galleria mellonella and murine mastitis models.

方法:

2016 年 5 月から 12 月の間に、ベルギーとノルウェーで乳房炎を発症した牛の乳試料から、10 個の S. aureus(メチシリン耐性 5 個、メチシリン感受性 5 個)の分離株が分離された。分離された菌は、4種類の溶連性バクテリオファージ(Romulus、Remus、ISP、DSM105264)に対する感受性をin vitroで評価し、その後、G. mellonellaの幼虫およびマウス乳房炎モデルを用いてin vivoで評価した。

METHODS: Between May and December 2016, tenS. aureus (five methicillin-resistant and five methicillin-sensitive) isolates were isolated from milk samples of cattle with mastitis in Belgium and Norway. The isolates were assessed in vitro for their susceptibility to four lytic bacteriophages (Romulus, Remus, ISP and DSM105264) and subsequently in vivo in G. mellonella larvae and in murine mastitis model.

結果:

また,Romulus,RemusおよびISPは,in vitroで分離されたS. aureusに対して溶解活性を示した。メチシリン感受性のS. aureus分離株に感染し,これらの3ファージをin vivoで処理した群では,接種4日後の幼虫生存率は50%以下であった。また,マウス乳腺炎の不完全な回復は接種48時間後に観察された.

RESULTS: Romulus, Remus and ISP showed a lytic activity against theS. aureus isolates in vitro. A larvae survival rate below 50% was observed at four days post inoculation in the groups infected with a methicillin-sensitive S. aureus isolate and treated with these three phages in vivo. An incomplete recovery of the mice mastitis was observed at 48 hours post inoculation in the groups infected and treated with the ISP phage in vivo.

結論:

メロネラ菌とマウス乳房炎モデルでは、感染したPBS処理群と感染したファージ処理群の間で統計的に顕著な観察結果が得られており、牛乳房炎に伴うS. aureusに対するファージの効果が実証されている。

CONCLUSIONS: The observations are much more pronounced statistically between the infected-PBS treated and infected-phage treated groups inG. mellonella and murine mastitis model demonstrating an effect of the phages against S. aureus associated with bovine mastitis.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Ltd.