会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

スタットパール | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。

スタットパール

StatPearls

  • Hacen Vall
  • Mayur Parmar
PMID: 32644674

抄録

テリパラチドは、第1アミノ(N)末端34アミノ酸からなるヒト副甲状腺ホルモンの組換えフラグメントであり、強力な骨粗鬆症治療薬です。複数の臨床試験を経て、骨粗鬆症の治療における安全性と有効性が証明されています。Neerら(2001年)による閉経後の女性を対象としたプラセボ対照無作為化プラセボ対照試験(n=1637)では、少なくとも1回の椎体骨折を経験した女性(骨折予防試験)で、毎日20mcgのテリパラチドを投与した(すなわち、現在承認されている処方量)ことで、新たな椎体骨折のリスクが65%減少した(RR=0.35; 95% CI=0.35)。35;95%CI = 0.22-0.55)および非椎体脆弱性骨折を53%(RR = 0.47;95%CI = 0.25-0.88)減少させ、追跡期間中央値21ヵ月間で腰椎の骨密度(BMD)を9%、大腿骨頚部の骨密度(BMD)を3%増加させた。[1]その後の他の試験では、閉経後の女性におけるアレンドロネートやリセドロン酸塩などの利用可能な治療法との頭対頭比較試験でこれらの効果を裏付けるだけでなく、男性やグルココルチコイド誘発性骨粗鬆症などの骨粗鬆症の異なる病因を持つ患者でもこれらの効果を再現しており、性別に関係なく、一次および二次的な骨粗鬆症の病因を介して活性があることを示している[2][3][4][5][6][7][8][9]。

Teriparatide is a recombinant fragment of human parathyroid hormone consisting of its first amino(N)-terminal 34 amino acids, and a potent osteoanabolic agent. It has undergone multiple clinical trials that proved its safety and efficacy for the treatment of osteoporosis. In a seminal randomized placebo-controlled trial (n = 1637) by Neer et al (2001) in postmenopausal women with at least one prior vertebral fracture (the Fracture  Prevention Trial) , 20 mcg teriparatide administered  daily (i.e. the currently approved dose for prescription) decreased the risk for new vertebral fractures by 65% (RR = 0.35; 95% CI = 0.22-0.55) and nonvertebral fragility fractures by 53% (RR = 0.47;  95% CI = 0.25-0.88) and increased bone mineral density (BMD) at lumbar spine by 9% and at femoral neck by 3% over a median follow-up period of 21 months.[1] Not only do other subsequent trials corroborate these effects in head-to-head comparison trails to available therapies such as alendronate and risedronate in postmenopausal women but also replicate them in men and patients with different etiology for osteoporosis such as glucocorticoid-induced osteoporosis, indicating activity independently of sex and through primary and secondary osteoporotic etiologies.[2][3][4][5][6][7][8][9] 

Copyright © 2020, StatPearls Publishing LLC.