会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

統計真珠 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。

統計真珠

StatPearls

  • Marcus F. Hill
  • Bruno Bordoni
PMID: 32644608

抄録

高脂血症は、人間の体内の脂質レベルの上昇を表す様々な遺伝的および後天的な障害を組み込んだ状態です。高脂血症は、特に西半球では非常に一般的ですが、世界中でもよく見られます。あるいは、より客観的な定義では、高脂血症を低密度リポタンパク質(LDL)、総コレステロール、トリグリセリドレベル、またはリポタンパク質レベルが一般集団と比較して90パーセンタイル以上、またはHDLレベルが一般集団と比較して10パーセンタイル未満であると記述している[1]。1]脂質は一般的に、コレステロール値、リポタンパク質、カイロミクロン、VLDL、LDL、アポリポタンパク質、HDLを含む[2]膨大な数の試験や研究を通じて、一貫してLDLコレステロールのTHATElevatedレベルが動脈硬化性プラークおよびそれに続く血管疾患の発症のリスクを高めることが示されている。対照的に、高密度リポタンパク質(HDL)コレステロールは、アテローム性動脈硬化性血管疾患のリスクを増加させる不均衡を防ぐために、コレステロールレベルの調整を支援します。各患者のLDLコレステロールの目標は、その患者の全体的な心血管系リスクに依存するため、薬物療法は患者に合わせて個別に行うべきである。高脂血症などの危険因子を管理して動脈硬化性心血管病のリスクを低下させることを"一次予防"と呼ぶ。LDLコレステロール値を低下させる根拠は、LDLコレステロール値、心血管イベント、および患者の死亡率との間に正の連続的な相関関係があることを明らかにした広範な疫学的データに由来する[1]。 高脂血症の治療は、基礎となる病態生理学の概念をよりよく理解し、先行する内科的治療の改善を同時に行うことにより、進化し続けている。この記事では、高脂血症の背景、診断、および最新の治療ガイドラインを概説する。

Hyperlipidemia is a condition that incorporates various genetic and acquired disorders that describe elevated lipid levels within the human body. Hyperlipidemia is extremely common, especially in the Western hemisphere, but also throughout the world. Alternatively, a more objective definition describes hyperlipidemia as low-density lipoprotein (LDL), total cholesterol, triglyceride levels, or lipoprotein levels greater than the 90th percentile in comparison to the general population, or an HDL level less than the 10th percentile when compared to the general population.[1] Lipids typically include cholesterol levels, lipoproteins, chylomicrons, VLDL, LDL, apolipoproteins, and HDL.[2]  Through a vast array of trials and studies, it has been consistently shown that elevated levels of LDL cholesterol increase a person's risk for the development of atherosclerotic plaques and subsequent vascular disease. In stark contrast, high-density lipoprotein (HDL) cholesterol assists in regulating cholesterol levels to prevent imbalances that would increase the risk of atherosclerotic vascular disease. Each patient's LDL cholesterol goal is conditional on their overall cardiovascular risk, and medical therapy should be independently tailored to the patient. Managing risk factors, such as hyperlipidemia, to diminish the risk for atherosclerotic cardiovascular disease is referred to as "primary prevention." The grounds for lowering LDL cholesterol derives from widespread epidemiologic data that reveals a positive, continuous correlation between LDL cholesterol levels, cardiovascular events, and patient mortality.[1]  Treatment of hyperlipidemia continues to evolve as we better conceptualize the underlying pathophysiology, and we concurrently improve on preceding medical therapies. This article will overview the background, diagnosis, and most recent treatment guidelines for hyperlipidemia. 

Copyright © 2020, StatPearls Publishing LLC.