会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
EuroIntervention.2020 Jul;EIJY20M07_01. doi: 10.4244/EIJY20M07_01.Epub 2020-07-06.

An EAPCI Expert Consensus Document on Ischaemia with Non-Obstructive Coronary Arteries in Collaboration with European Society of Cardiology Working Group on Coronary Pathophysiology & Microcirculation Endorsed by Coronary Vasomotor Disorders International Study Group.

  • Vijay Kunadian
  • Alaide Chieffo
  • Paolo G Camici
  • Colin Berry
  • Javier Escaned
  • Angela Maas
  • Eva Prescott
  • Nicole Karam
  • Yolande Appelman
  • Chiara Fraccaro
  • Gill Louise Buchanan
  • Stéphane Manzo-Silberman
  • Rasha Al-Lamee
  • Evelyn Regar
  • Alexandra Lansky
  • J Dawn Abbott
  • Lina Badimon
  • Dirk J Duncker
  • Roxana Mehran
  • Davide Capodanno
  • Andreas Baumbach
PMID: 32624456 DOI: 10.4244/EIJY20M07_01.

抄録

このコンセンサス文書は、欧州経皮的心臓血管インターベンション協会(EAPCI)が組織した専門家パネルの見解を要約したもので、非閉塞性冠動脈(INOCA)による虚血の重要性を評価したものである。狭心症は世界で約1億1200万人が罹患している。侵襲的血管造影を受ける患者の70%までは閉塞性冠動脈疾患を有しておらず、男性よりも女性に多く、大多数の患者が症状の原因としてINOCAを有している。INOCAの患者は様々な症状や徴候を呈しており、しばしば非心臓性疾患と誤診され、過少な診断/調査や過少な治療につながることがある。INOCAは、冠血管攣縮や微小血管機能障害などの異質な機序に起因することがあり、良性の疾患ではありません。INOCAは無症状者と比較して、心血管イベントの発生率の増加、繰り返しの入院、生活の質の低下、医療費の増加と関連しています。本コンセンサス文書は、研究から得られた既存のエビデンスと利用可能な最善の臨床実践に基づいて、INOCAの定義と、INOCAの診断アプローチと管理に関するコミュニティへのガイダンスを提供するものであり、知識のギャップとさらなる調査のための潜在的な領域に言及している。

This consensus document, a summary of the views of an expert panel organized by the European Association of Percutaneous Cardiovascular Interventions (EAPCI), appraises the importance of ischaemia with non-obstructive coronary arteries (INOCA). Angina pectoris affects approximately 112 million people globally. Up to 70% of patients undergoing invasive angiography do not have obstructive coronary artery disease, more common in women than in men, and a large proportion have INOCA as a cause of their symptoms. INOCA patients present with a wide spectrum of symptoms and signs that are often misdiagnosed as non-cardiac leading to under-diagnosis/investigation and under-treatment. INOCA can result from heterogeneous mechanism including coronary vasospasm and microvascular dysfunction and is not a benign condition. Compared to asymptomatic individuals, INOCA is associated with increased incidence of cardiovascular events, repeated hospital admissions, as well as impaired quality of life and associated increased health care costs. This consensus document provides a definition of INOCA and guidance to the community on the diagnostic approach and management of INOCA based on existing evidence from research and best available clinical practice; noting gaps in knowledge and potential areas for further investigation.