会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

NLRC3サイレンシングは、IL-6/JAK2/STAT3経路の活性化を介して肝細胞癌細胞の浸潤を促進する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cell Biol. Int..2020 Jun;doi: 10.1002/cbin.11414.Epub 2020-06-25.

NLRC3サイレンシングは、IL-6/JAK2/STAT3経路の活性化を介して肝細胞癌細胞の浸潤を促進する

NLRC3 silencing accelerates the invasion of hepatocellular carcinoma cell via IL-6/JAK2/STAT3 pathway activation.

  • Jian-Hua Kang
  • Ming-Jie Li
  • Pei-Pei Luan
  • De-Ke Jiang
  • Yuan-Wen Chen
  • Xu Xu
  • Qing Yu
  • Ya-Wei Xu
  • Qing Su
  • Wen-Hui Peng
  • Wei-Xia Jian
PMID: 32584509 DOI: 10.1002/cbin.11414.

抄録

カスパーゼ活性化・リクルートドメイン3を持つヌクレオチド結合ドメイン、ロイシンリッチリピートファミリー(NLRC3)は、免疫と癌の両方に関与している。本研究の目的は、ヒト肝細胞癌(HCC)におけるNLRC3の役割とその基礎となるメカニズムを明らかにすることであった。非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、HCC、および隣接する正常組織からヒト肝組織を採取し、リアルタイム定量ポリメラーゼ連鎖反応および免疫組織化学によりNLRC3の発現パターンを特徴付けた。次に、HCC細胞株HuH-7を用いて小型干渉RNAをトランスフェクションし、NLRC3の発現を抑制した。5-エチニル-2'-デオキシウリジンアッセイ、スクラッチアッセイ、トランスウェル浸潤アッセイを用いて、それぞれ増殖、遊走、浸潤の評価を行った。細胞のアポトーシスを評価するために、フローサイトメトリーとターミナルデオキシヌクレオチジルトランスフェラーゼdUTPニックエンドラベリング(TUNEL)アッセイを行った。NLRC3の発現は、ヒトHCC組織では、正常肝臓および非アルコール性脂肪肝炎組織と比較して減少していた。NLRC3をノックダウンした後、HuH-7細胞では増殖、遊走、浸潤が増加した。また、フローサイトメトリーやTUNELアッセイにより、NLRC3をノックダウンするとHuH-7細胞のアポトーシスが抑制されることが示された。また、HuH-7細胞におけるNLRC3のノックダウンは、インターロイキン-6(IL-6)刺激下でのヤヌスキナーゼ2/シグナル伝達物質および転写活性化因子3(JAK2/STAT3)経路の活性化と関連していた。ヒトHCC組織ではNLRC3の発現がダウンレギュレーションされていた。HuH-7細胞におけるNLRC3サイレンシングは、肝細胞癌細胞の増殖、遊走、浸潤を促進する可能性がある。NLRC3の発現がサイレンシングされると、IL-6によって誘導されるJAK2/STAT3経路が活性化されることが、肝細胞癌の基礎的なメカニズムである可能性がある。また、HuH-7細胞の浸潤はSTAT3特異的阻害剤(クリプトタンシノン)によって部分的に抑制された。したがって、NLRC3はHCCにおいて重要な役割を果たしている可能性があり、HCCの治療標的となる可能性があります。

Nucleotide-binding domain, leucine-rich repeat family with a caspase activation and recruitment domain 3 (NLRC3) participates in both immunity and cancer. The aim of this study was to determine the role of NLRC3 in human hepatocellular carcinoma (HCC) and the underlying mechanisms. We collected human liver tissues from nonalcoholic steatohepatitis (NASH), HCC, and adjacent normal tissues to characterize the pattern of NLRC3 expression by real-time quantitative polymerase chain reaction and immunohistochemistry. Then, we used the HCC cell line, HuH-7, transfected with small interfering RNA to silence the NLRC3 expression. 5-Ethynyl-2'-deoxyuridine assay, scratch assay, and transwell invasion assay were used for assessing proliferation, migration, and invasion, respectively. Flow cytometry and terminal deoxynucleotidyl transferase dUTP nick end labeling (TUNEL) assay were conducted to assess cell apoptosis. The expression of NLRC3 was reduced in human HCC tissues, compared with normal liver and nonalcoholic steatohepatitis tissues. After knocking down of NLRC3, the proliferation, migration, and invasion were increased in HuH-7 cells. And flow cytometry and TUNEL assay showed that HuH-7 cell apoptosis was suppressed after NLRC3 knockdown. As for the underlying mechanisms, knockdown of NLRC3 in HuH-7 cells was associated with the activation of Janus kinase 2/signal transducers and activators of transcription 3 (JAK2/STAT3) pathway under interleukin-6 (IL-6) stimulation. NLRC3 expression was downregulated in human HCC tissues. NLRC3 silencing in HuH-7 cells can promote the proliferation, migration, and invasion of hepatocellular carcinoma cells. JAK2/STAT3 pathway activation induced by IL-6 may be the underlying mechanism for HCC when NLRC3 expression is silenced. And the invasion of HuH-7 cells was partially suppressed by the STAT3 specific inhibitor (cryptotanshinone). Therefore, NLRC3 may play a significant role in HCC and might be a therapeutic target for the treatment of HCC.

© 2020 International Federation for Cell Biology.