会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

エナメル質マトリックス誘導体の骨膜内欠陥への適用におけるフラップデザインの効果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
JDR Clin Trans Res.2020 Jun;:2380084420934731. doi: 10.1177/2380084420934731.Epub 2020-06-19.

エナメル質マトリックス誘導体の骨膜内欠陥への適用におけるフラップデザインの効果

Effect of Flap Design for Enamel Matrix Derivative Application in Intraosseous Defects.

  • L Trombelli
  • A Simonelli
  • A Quaranta
  • Y K Tu
  • H Li
  • M Agusto
  • X Jiao
  • R Farina
PMID: 32559395 DOI: 10.1177/2380084420934731.

抄録

目的:

焦点を当てた問題に取り組む文献を体系的にレビューすること。エナメル質基質誘導体(EMD)と組み合わせたさまざまな外科的処置と非外科的処置の、骨膜内欠陥の臨床的、X線写真的、患者中心の転帰に対する有効性は何か?

OBJECTIVE: To systematically review the literature addressing the focused question: What is the effectiveness of different surgical and nonsurgical procedures combined with enamel matrix derivative (EMD) on clinical, radiographic, and patient-centered outcomes in intraosseous defects?

方法:

電子検索(Medline、Scopus、Cochrane データベース)および手書き文献検索は、以下の手順のうち 1 つに従っ て EMD が適用された少なくとも 1 つの治療群を含む研究を対象に行われた。修正ウィドマンフラップ、乳頭温存術、修正乳頭温存術、簡易乳頭温存術を含む乳頭温存バリアント(PPV)、低侵襲手術法と低侵襲手術法を含む低侵襲バリアント、シングルフラップ アプローチと修正低侵襲手術法を含むシングルフラップバリアント(SFV)、または非外科的適用(フラップレスアプロー チ)。選択された42の論文から得られたデータを用いてネットワークメタアナリシスを行い、EMDの外科的・非外科的応用の階層をEMDとEMD+グラフトについて、6~12m後の臨床結果とX線写真に基づいて別々に構築した。

METHODS: Electronic (Medline, Scopus, and Cochrane databases) and hand literature searches were performed for studies including at least 1 treatment arm where EMD had been applied according to 1 of the following procedures: modified Widman flap; papilla preservation variants (PPVs), including papilla preservation technique, modified papilla preservation technique, and simplified papilla preservation technique; minimally invasive variants, including minimally invasive surgical approach and minimally invasive surgical technique; single-flap variants (SFVs), including single-flap approach and modified minimally invasive surgical technique; or nonsurgical application (flapless approach). Data from 42 selected articles were used to perform a network meta-analysis, and a hierarchy of surgical and nonsurgical applications of EMD was built separately for EMD and EMD + graft based on 6- to 12-mo clinical and radiographic outcomes.

結果:

外科的アプローチの中では、SFVを介してEMDを適用した場合には、臨床的には平均3.93mmのアタッチメントレベルゲインと3.35mmの欠損部の骨内成分の減少が得られ、EMDは最高の再生結果となった。EMD+グラフトでは、再生成績には外科手術間での差は限られていた。PPVはEMD(4.08mm)とEMD+グラフト(4.32mm)で最も高い残存プロービング深さと関連していた。

RESULTS: Among surgical approaches, EMD was associated with best regenerative outcomes when applied through SFVs, with a mean clinical attachment level gain of 3.93 mm and a reduction in the intrabony component of the defect of 3.35 mm. For EMD + graft, limited differences in regenerative outcomes were observed among surgical procedures. PPVs were associated with the highest residual probing depth for EMD (4.08 mm) and EMD + graft (4.32 mm).

結論:

2)EMDとグラフトを併用した場合、実質的な再生結果はSFVと保守的なダブルフラップ(すなわちPPVと低侵襲バリアント)で得られ、3)EMDとEMD+グラフトではPPVの後に残留プロービング深度が高くなった。

CONCLUSIONS: In the treatment of periodontal intraosseous defects, 1) SFVs appear to optimize the regenerative outcomes of EMD; 2) substantial regenerative outcomes can be obtained with SFVs and conservative double flaps (i.e., PPVs and minimally invasive variants) when EMD is combined with a graft; and 3) residual probing depth was higher following PPVs for EMD and EMD + graft.

ナレッジ・トランスファー・ステートメント:

今回のシステマティックレビューおよびメタアナリシスの結果は、臨床家がEMDまたはEMD+グラフトを用いて骨膜内欠損を治療するための最も効果的な外科的処置または非外科的処置を特定するために使用することができる。主な所見は、EMD適用が適応される場合、単一フラップに基づく外科的アクセスが臨床転帰を最適化するために最も適切であると思われることを示している。EMD + グラフトの適用は、シングルフラップや保存的なダブルフラップと効果的に組み合わせることができる。

KNOWLEDGE TRANSFER STATEMENT: The results of the present systematic review and meta-analysis can be used by clinicians to identify the most effective surgical or nonsurgical procedure to treat an intraosseous defect with EMD or EMD + graft. The main findings indicate that when EMD application is indicated, surgical access based on a single flap seems the most appropriate to optimize clinical outcomes. The application of EMD + graft can be effectively combined with single flaps and conservative double flaps.