会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

スタットパール | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。

スタットパール

StatPearls

  • Samy A. Azer
  • Anil Kumar Reddy Reddivari
PMID: 32119349

抄録

食道逆流症は、消化器内科医や開業医が遭遇する最も一般的な疾患と考えられています。開業医(プライマリーケア医)が治療する症例の多くを占めています。欧米諸国では有病率は約10~20%、重症化率は6%、アジア諸国では約5%となっています。食道逆流症とは、胃の内容物が食道を越えて(口腔、喉頭、肺)に逆流し、厄介な症状や合併症を引き起こす疾患と定義されています。食道逆流症の発症の危険因子としては、50歳以上、肥満度30以上、喫煙、不安、抑うつ、身体活動の低下などが挙げられます。食道括約筋下部圧を調節する薬剤としては、硝酸塩、カルシウムブロッカー剤、抗コリン剤などがある。最近では、非アルコール性脂肪性肝疾患が逆流性食道炎の発症リスクを高めることが報告されています。本疾患は主に下部食道括約筋の障害であり、内視鏡検査でびらんを伴わない症状の有無(非びらん性疾患、NERD)と、症状に加えて食道びらんを伴うもの(びらん性逆流症、ERD)に分類されます。特に男性に多い病気ですが、女性に発症した場合はNERDである可能性が高いです。診断は通常、自覚症状、内視鏡検査による客観的検査、外来での逆流モニタリング、およびプロトンポンプ阻害薬(PPI)治療への反応の組み合わせに基づいて行われる。臨床像に基づいて、特に典型的な症状を呈している場合には、これらの患者では検査は必要ない。通常、非典型的な症状を呈している患者や合併症を発症している患者には検査が推奨される。食道逆流は、食道炎、上部消化管出血、貧血、消化性潰瘍、消化性狭窄、嚥下障害、胃部癌、およびBarrett食道を含むいくつかの合併症を引き起こす可能性がある。また、逆流により、歯のびらん、喉頭炎、咳、喘息、副鼻腔炎、特発性肺線維症などの消化管外合併症を起こすこともあります。逆流性食道炎は、妊娠中のどの期間にも頻繁に起こる。通常、これらの患者では妊娠前には胸焼けはなく、これらの患者では通常、逆流と胸焼けは分娩後に消失する。管理目標は、(i)肥満患者の体重減少と逆流の影響を減少させるための食生活の変化、(ii)PPIによる逆流の治療、(iii)PPIに反応しない患者に対する代替管理計画の検討、(iv)食道逆流合併症の管理である。

Esophageal reflux is considered the most common disease encountered by gastroenterologists and general practitioners. It contributes to a large proportion of cases treated by general practitioners (primary care physicians). In Western countries, the prevalence of the disease is approximately 10% to 20%, and severe disease is observed in 6% of the population; in Asian countries, the prevalence is approximately 5%. Esophageal reflux disease is defined as a condition in which the stomach contents reflux into the esophagus or beyond (oral cavity, larynx, or the lungs), causing troublesome symptoms and or complications. Risk factors contributing to the development of esophageal reflux include age over 50, body mass index above 30, smoking, anxiety, depression, and decreased physical activity. Medicines that modulate the lower esophageal sphincter pressure, including nitrates, calcium blocker agents, anticholinergics, play a role. Recently, non-alcoholic fatty liver disease has been reported to increase the risk of developing reflux esophagitis. The disease is primarily a disorder of the lower esophageal sphincter and can be classified on the presence of symptoms without erosions on endoscopic examination (non-erosive disease, NERD) or symptoms plus esophageal erosions (erosive reflux disease, ERD). While the disease is particularly more common in men, when it occurs in women, it is more likely to be NERD. The diagnosis is usually established based on a combination of presenting symptoms, objective testing with endoscopy, ambulatory reflux monitoring, and response to a proton pump inhibitor (PPI) therapy. Based on the clinical picture, particularly when patients are presenting with typical symptoms, investigations are not needed in these patients. Investigations are usually recommended in patients presenting with atypical symptoms and patients developing complications. Esophageal reflux may result in several complications, including esophagitis, upper gastrointestinal bleeding, anemia, peptic ulcer, peptic stricture, dysphagia, cancer of gastric cardia, and Barrett esophagus. The reflux may also result in extra-gastrointestinal complications, including dental erosions, laryngitis, cough, asthma, sinusitis, and idiopathic pulmonary fibrosis. Reflux esophagitis frequently occurs during pregnancy at any trimester. Usually, these patients do not have heartburn before pregnancy, and in these patients, reflux and heartburn usually resolve after the delivery. The management goals are (i) reduction of weight in patients with obesity and changes in dietary habits to decrease the effects of reflux, (ii) treatment of reflux with PPI, (iii) exploring alternative management plans for patients not responding to PPI, and (iv) management of esophageal reflux complications.

Copyright © 2020, StatPearls Publishing LLC.