会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

セラミック・ラミネート・ベニア: プレパレーション・デザインとセラミックの厚さが破壊抵抗とin vitroのマージン・クオリティに及ぼす影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Oral Investig.2020 Aug;24(8):2745-2754.

セラミック・ラミネート・ベニア: プレパレーション・デザインとセラミックの厚さが破壊抵抗とin vitroのマージン・クオリティに及ぼす影響

Ceramic laminate veneers: effect of preparation design and ceramic thickness on fracture resistance and marginal quality in vitro.

PMID: 31900673

抄録

研究の目的:

本研究の目的は、5つの異なる準備デザインと2つの異なるセラミックの厚さが、in vitroでの熱力学的負荷後のセラミックラミネートベニアのマージン品質と破壊抵抗に及ぼす影響を調査することである。

OBJECTIVES: The aim of the present study was to investigate the influence of five different preparation designs and two different ceramic thicknesses on margin quality and fracture resistance of ceramic laminate veneers after thermomechanical loading in vitro.

材料と方法:

80本のヒト中切歯を,非準備(NP),最小侵襲(MI)=エナメル質のみの接着,半侵襲(SI)=象牙質に50%接着,侵襲(I)=象牙質に100%接着,半侵襲にクラスIIIコンポジットレジン修復を2本追加(SI-C)の5種類の準備デザインを施した10群(n=8)に無作為に割り付けた。IPS InLine veneerは2種類の厚さ(L1=0.2-0.5mm,L2=0.5-1.2mm)で製作された。接着剤(OptiBond FL,Variolink Veneer)による光硬化と研磨の後,試料を蒸留水に浸して37℃で21日間保管し,次に熱サイクル(+5~+55℃で2000回)を行い,最後に切縁部に45°の角度で機械的負荷をかけ,50Nで200万回,さらに100Nで100万回行った。SEMでクラックとマージンの質を評価するために,初期,サーモサイクル後,および250,000サイクルごとに印象を採取した。ベニアは,クラック,チッピング,部分的な破断,致命的な破断について光学顕微鏡(20倍)で評価した。

MATERIALS AND METHODS: Eighty human central incisors were randomly assigned to 10 groups (n = 8) with five different preparation designs: non-prep (NP), minimally invasive (MI) = exclusively enamel-bonded, semi-invasive (SI) = 50% bonded in dentin, invasive (I) = 100% in dentin, and semi-invasive with two additional class III composite resin restorations (SI-C). IPS InLine veneers were fabricated in two thicknesses (L1 = 0.2-0.5 mm; L2 = 0.5-1.2 mm). After adhesive luting (OptiBond FL, Variolink Veneer) with light curing and polishing, specimens were stored in distilled water at 37 °C for 21 days, then thermocycled (2000 cycles between + 5 and + 55 °C), and finally mechanically loaded at the incisal edge at an angle of 45° for 2,000,000 cycles at 50 N und further 1,000,000 cycles at 100 N. Impressions were taken initially, after thermocycling, and after every 250,000 mechanical cycles in order to evaluate cracks and margin quality under a SEM. The veneers were evaluated in a light microscope (× 20) for cracks, chippings, partial, and catastrophic fractures.

結果:

300万サイクル後のマージンクオリティは,連続マージンの中央値が82-95%であり,セラミック/コンポジット(p=0.943)および歯/コンポジット界面(p=0.571)のいずれにおいても群間で有意な差は認められなかった。ベニアの目視検査では,80 枚のベニアのうち 38 枚に 22 個のクラック,11 個のチッピング,4 個の部分的な破折,4 個の致命的な破折が認められた.クラックのリスクに関する統計的な順位(p≦0.05)はil1=sil1=mil1=il2=cl1=cl2, mil2=npl1=npl2=sil2, il2=cl1=cl2=mil2=npl1=npl2=sil2.

RESULTS: Margin quality after three million cycles revealed medians for continuous margin of 82-95% without significant differences among groups, neither at the ceramic/composite (p = 0.943) nor at the tooth/composite interface (p = 0.571). Visual inspection of veneers exhibited 22 cracks, 11 chippings, 4 partial and 4 catastrophic fractures in 38 of 80 veneers. The statistical ranking regarding fracture risk (p ≤ 0.05) was: IL1 = SIL1 = MIL1 = IL2 = CL1 = CL2, MIL2 = NPL1 = NPL2 = SIL2, IL2 = CL1 = CL2 = MIL2 = NPL1 = NPL2 = SIL2.

結論から言うと:

100Nまでの荷重で300万回のサイクルを繰り返しても、すべてのグループで高い生存率を示した。しかし、薄いベニアや象牙質部分が中~高のプレパラートでは、厚いベニアやエナメル質や部分的に象牙質にあるプレパラートと比較して、破折リスクが高まることがわかった(p≦0.05)。既存のレジン・コンポジット修復物は,マージンの質とファクチャー・リスクに有意な影響を示さなかった(p>0.05).

CONCLUSIONS: Even after three million cycles with up to 100 N, all groups showed high survival rates. However, the fracture risk increases with thin veneers and preparations with medium to high dentin portions when compared to thicker veneers with preparations in enamel or partially in dentin (p ≤ 0.05). Preexisting resin composite restorations did not show any significant influence on margin quality and facture risk (p > 0.05).

臨床的妥当性:

セラミックラミネートベニアは非常に耐久性に優れていますが、薄いベニアとエナメル質の大幅な減少が破折の主なリスク要因となります。

CLINICAL RELEVANCE: Ceramic laminate veneers are extremely durable with thin veneers and substantial enamel loss being main risk factors for fracture.