国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

歯周病に罹患した成人患者の歯列矯正治療(症例報告) | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Open Access Maced J Med Sci.2019 Jul;7(14):2343-2349.

歯周病に罹患した成人患者の歯列矯正治療(症例報告)

Orthodontic Treatment of a Periodontally - Affected Adult Patient (Case Report).

PMID: 31592049

抄録

背景:

進行した歯周病の特徴は、歯槽骨の支持力が低下し、歯の脱落や移動、機能的な不快感、顔面の審美性の低下を引き起こすことである。

BACKGROUND: The advanced periodontal disease is characterised by a strongly pronounced loss of attachment and reduction of the alveolar bone support, which leads to luxation, migration of the teeth, functional discomfort and poor facial aesthetics.

症例提示:

この論文の目的は、26歳の女性患者のケースを紹介することです。この患者は、高度に発現した歯肉炎、満足のいかない歯周状態、前歯の間のジアステマの存在、異なる部位での5~6ミリのアタッチメントロスを抱え、歯周病科クリニックに登録されました。徹底的な古典的歯周治療を行うとともに、口腔衛生の適切な維持のためのトレーニングを行い、専門家による口腔予防セッションを頻繁に行い、矯正治療を補完しました。固定式の矯正装置を装着し、歯周病の状態を常に管理しながら、歯を徐々に水平にするために穏やかな力を加えました。20ヵ月の治療期間を経て、患者さんは保定されました。

CASE PRESENTATION: The aim of this paper is to present the case of a 26-year-old female patient, registered at the Clinic of Periodontology with highly expressed gingivitis, unsatisfactory periodontal status, presence of diastemas between the frontal teeth and attachment loss of 5-6 millimetres in different areas. We conducted a thorough classic periodontal treatment, as well as training for proper maintenance of oral hygiene, with frequent professional oral-prophylactic sessions, complemented with orthodontic treatment. Fixed orthodontic appliances were installed, and mild forces were applied for gradual levelling of the teeth, with constant control of the periodontal status. After 20 months of treatment, the patient was in retention.

おわりに:

歯周病に罹患した歯の矯正治療は、歯周病治療を徹底的に行ってから始めることができる。歯周治療に加えて行う矯正治療は、歯の反応を最適化するために、穏やかな力で徐々に行う必要があり、その結果、成人患者の機能、顔面の審美性、心理的な自信を向上させることができる。

CONCLUSION: Orthodontic therapy of periodontally-affected teeth can begin only after exhaustive administration of a periodontal treatment. Orthodontic treatment as an addition to the periodontal restoration must be gradual with mild forces for an optimal dental response, thus helping to improve function, facial aesthetics and psychological confidence of adult patients.