国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

目的に応じたチューインガムとスマートフォンアプリによる咀嚼効率評価の検証 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Oral Rehabil.2018 Nov;45(11):845-853.

目的に応じたチューインガムとスマートフォンアプリによる咀嚼効率評価の検証

Validation of a purpose-built chewing gum and smartphone application to evaluate chewing efficiency.

PMID: 30024031

抄録

目的:

目的に応じて作られた2色のチューインガム(Hue-Check Gum )を検証し、咀嚼機能を評価するための特注のスマートフォンアプリケーションの混色能力テストの精度を検証する。

OBJECTIVES: To validate a purpose-built two-coloured chewing gum (Hue-Check Gum ), and to test the accuracy of a custom-built smartphone application for a colour-mixing ability test to assess chewing function.

実験方法:

歯が完全に生えそろっている人(28D群)と、インプラントオーバーデンチャーを装着した無歯顎の人(IOD群)を募集した。Hue-Check Gumをそれぞれ5, 10, 20, 30, 50回噛んだ。最大自発的咬合力(MBF)は,デジタルゲージを用いて評価した.試料は、有効なソフトウェア(VOH_scan)と新たに開発したスマートフォンアプリケーション(VOH_app)を用いて、色の混合(色相の分散、VOH)に応じて分析した。

METHODS: Fully dentate participants (28D-group) and edentulous participants with implant overdentures (IOD-group) were recruited. They chewed a Hue-Check Gum for 5, 10, 20, 30 and 50 chewing cycles, respectively. Maximum voluntary bite force (MBF) was assessed with a digital gauge. The specimens were analysed according to their colour mixture (variance of hue, VOH) with a validated software (VOH_scan) and a newly developed smartphone application (VOH_app).

結果:

歯の状態によって分けられた参加者は、咬合している歯のペアの数、年齢、MBFに関して有意に異なっていた。VOH_scanは咀嚼回数と負の対数関係を示し、咀嚼回数、MBF、性別からVOHを予測することができた。IOD群と28D群を最も明確に区別できたのは、咀嚼回数がn=20回の時で、この時、VOHはP値<0.0001で区別できた。VOH_appはVOH_scanを0.80<pseudo-R <0.83と、光の当たり方や測定距離に応じて非常に良い予測因子となりました。しかし、十分に咀嚼されていない検体に対するアプリの精度には系統的な誤差が見られた。

RESULTS: Participants segregated by dental state were significantly different regarding the number of occluding pairs of teeth, age and MBF. VOH_scan showed a negative logarithmic association with the number of chewing cycles, and VOH could be predicted from chewing cycles, MBF and gender. The clearest discrimination between the IOD and the 28D groups was observed for n = 20 chewing cycles; at this point, VOH was distinguishably different with a P-value < 0.0001. The VOH_app was a very good predictor for VOH_scan with 0.80 < pseudo-R  < 0.83, depending on light exposure and measuring distance. There was, however, a systematic error in the accuracy of the app for inadequately chewed specimens.

おわりに:

2色のチューインガムを使用することで、咀嚼能力を評価するための迅速かつシンプルで安価な方法を提供することができ、特別な機器や訓練を受けたスタッフを必要とせず、老人病棟や個人の診療所で使用することができる。

CONCLUSIONS: The use of the two-coloured chewing gum would provide a fast, simple and inexpensive method for the assessment of masticatory performance, which could be used in geriatric wards or in private practices without the requirement of specialised equipment or trained staff.