国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ディストラクション再生への歯の移動:いつから始めるべきか? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Am J Orthod Dentofacial Orthop.2011 Apr;139(4):482-94.

ディストラクション再生への歯の移動:いつから始めるべきか?

Tooth movement into distraction regenerate: when should we start?

PMID: 21457859

抄録

はじめに:

本研究の目的は、下顎骨ディストラクション・オステオジェネシス後の骨再生への歯列矯正による歯の移動を、臨床的、X線写真的、組織学的に評価し、歯の移動を開始する最適なタイミングを明らかにすることである。

INTRODUCTION: The aim of this study was to evaluate clinically, radiographically, and histologically orthodontic tooth movement into bone regenerate after mandibular distraction osteogenesis to elucidate the optimal timing for initiating tooth movement.

方法は以下の通りです。:

本研究では、9頭の雄の雑種犬を対象とした。各犬の下顎冠に固定されたカスタムメイドの骨付きディストラクターを用いて、平均9mmの無歯顎スペースを形成した。犬は3つのグループに均等に分けられ、1週間、3週間、6週間後にディストラクションギャップへの歯の移動が開始された。歯の移動の割合と種類、および組織の有害反応(歯根吸収と頂上骨損失)を評価した。

METHODS: The study sample consisted of 9 male mongrel dogs. An average edentulous space of 9 mm was created by using a custom-made bone-borne distractor fixed on the mandibular corpus of each dog. The dogs were equally divided into 3 groups, and tooth movement began into the distraction gap after 1, 3, or 6 weeks of consolidation. The rate and type of tooth movement as well as the adverse tissue reactions (root resorption and crestal bone loss) were evaluated.

結果:

X線写真と組織学的分析により、再生した骨への早期の歯の移動に関連して、類似の有害組織反応が見られた。さらに、歯の移動の割合と種類は3つのグループで異なっていた。

RESULTS: Radiographic and histologic analyses showed analogous adverse tissue reactions in association with early tooth movement into the regenerate bone. Furthermore, the rate and type of tooth movement were variable in the 3 groups.

結論:

ディストラクション再生骨への早期の歯牙移動は、有害な組織反応を引き起こす可能性があるため推奨されない。さらに、ディストラクション再生層のX線写真による検査は、歯の移動を開始する前のガイドとして使用することが推奨される。

CONCLUSIONS: Early tooth movement into the distraction regenerate is not recommended because it could result in adverse tissue reactions. Moreover, radiographic examination of the distraction regenerate is advisable and could be used as a guide before starting tooth movement.