国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

歯列矯正用一時固定装置の生存率と故障率:システマティックレビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Oral Implants Res.2009 Dec;20(12):1351-9.

歯列矯正用一時固定装置の生存率と故障率:システマティックレビュー

Survival and failure rates of orthodontic temporary anchorage devices: a systematic review.

PMID: 19793320

抄録

目的:

本研究の目的は、口蓋垂インプラント、Onplants((R))、ミニプレート、ミニスクリューの生存率に関する文献を系統的にレビューすることであった。

AIM: The purpose of this study was to systematically review the literature on the survival rates of palatal implants, Onplants((R)), miniplates and mini screws.

材料と方法:

MEDLINEを用いて、口蓋垂インプラント、Onplants((R))、ミニプレート、ミニスクリューに関する無作為化臨床試験、プロスペクティブおよびレトロスペクティブコホート研究を検索し、平均追跡期間が12週間以上で、各モダリティにつき10個以上のユニットが追跡調査で臨床的に検査されていることを確認した。研究の評価とデータの抽出は、2人の審査員が独立して行いました。報告された使用済みデバイスの故障については,ランダム効果ポアソン回帰モデルを用いて分析し,故障率と生存率の割合の要約推定値と95%信頼区間(CI)を求めた.

MATERIAL AND METHODS: An electronic MEDLINE search supplemented by manual searching was conducted to identify randomized clinical trials, prospective and retrospective cohort studies on palatal implants, Onplants((R)), miniplates and miniscrews with a mean follow-up time of at least 12 weeks and of at least 10 units per modality having been examined clinically at a follow-up visit. Assessment of studies and data abstraction was performed independently by two reviewers. Reported failures of used devices were analyzed using random-effects Poisson regression models to obtain summary estimates and 95% confidence intervals (CI) of failure and survival proportions.

結果:

2009年1月までの検索では,390件のタイトルと71件の抄録,34件の論文のフルテキスト解析が行われ,組み入れ基準を満たした27件の研究が得られた。メタ分析の結果、Onplants((R))の失敗率は17.2%(95%CI:5.9~35.8%)、口蓋垂インプラントは10.5%(95%CI:6.1~18.1%)、ミニスクリューは16.4%(95%CI:13.4~20.1%)、ミニプレートは7.3%(95%CI:5.4~9.9%)であった。ミニプレートと口蓋垂インプラントは、耐トルク性のある一時的な固定装置(TAD)であり、ミニスクリューに比べて臨床的失敗率が1.92倍(95%CI:1.06-2.78)低いことが示された。

RESULTS: The search up to January 2009 provided 390 titles and 71 abstracts with full-text analysis of 34 articles, yielding 27 studies that met the inclusion criteria. In meta-analysis, the failure rate for Onplants((R)) was 17.2% (95% CI: 5.9-35.8%), 10.5% for palatal implants (95% CI: 6.1-18.1%), 16.4% for miniscrews (95% CI: 13.4-20.1%) and 7.3% for miniplates (95% CI: 5.4-9.9%). Miniplates and palatal implants, representing torque-resisting temporary anchorage devices (TADs), when grouped together, showed a 1.92-fold (95% CI: 1.06-2.78) lower clinical failure rate than miniscrews.

結論:

口蓋垂インプラントとミニプレートは,少なくとも12週間の生存率が90%以上と同等であり,ミニスクリューよりも優れた生存率を示すことがわかった。口蓋垂インプラントとミニプレートによる一時的な固定は、信頼性の高い絶対的な歯科矯正用アンカーとなります。矯正治療を行う際に、十分な固定を行うために何度もミニスクリューを装着する必要がある場合、このようなシステムの信頼性には疑問が残ります。また、大規模な歯科矯正治療を受けている患者さんの場合、力のベクトルを変えたり、移動する歯の根元がアンカーを通過する必要があるかもしれません。このような場合には、口蓋インプラントやミニプレートがTADとして選択されるべきである。

CONCLUSION: Based on the available evidence in the literature, palatal implants and miniplates showed comparable survival rates of >or=90% over a period of at least 12 weeks, and yielded superior survival than miniscrews. Palatal implants and miniplates for temporary anchorage provide reliable absolute orthodontic anchorage. If the intended orthodontic treatment would require multiple miniscrew placement to provide adequate anchorage, the reliability of such systems is questionable. For patients who are undergoing extensive orthodontic treatment, force vectors may need to be varied or the roots of the teeth to be moved may need to slide past the anchors. In this context, palatal implants or miniplates should be the TADs of choice.