奈良歯科衛生士専門学校 

奈良
一般社団法人 奈良県歯科医師会立 奈良歯科衛生士専門学校の教育理念
歯科医学の学術進歩に伴う専門的知識と技術を習得し、歯科衛生医療技術者の一員として、
人類の幸福に貢献できる能力を養うと共に、人の心の痛みがわかる人間性豊かな社会性を身につけることを教育の理念とする。

奈良県で唯一の歯科衛生士養成機関である本校は、昭和41年に奈良県歯科医師会によって、県民の口腔衛生の普及と向上を目的に、奈良歯科衛生士学院として設立されました。その後、平成5年に学校教育法によって専門学校となり、また平成29年には文部科学大臣より「職業実践専門課程」の認定も受け、万全のサポート体制を整え、今日に至っています。

本校の卒業生は既に1600名を超え、総合病院、保健所、歯科診療所等、幅広い分野で活躍しています。