今までの歯科は削っては詰める、バイトは咬んだところ・当たったところ、咬合で患者様に押し付ける診療が多かったように思います。
お口の中の状態だけを見るのではなく、全体的なバランスを診て、身体全体を正常な状態にしていき、患者様を健康にしていくことができれば、どんなに喜ばれるか!これからの歯科医師は患者様の健康を維持・増進していくことが生き残りのひとつの手段ではないでしょうか?

私たちの用いるKY Biteなどの簡単な術式を使うことにより、有歯顎・無歯顎関係なく、患者様に即座に感動を与え、ホームドクターとして患者様の確保ができます。
これは今後を占う上で必要不可欠と考えます!
他の歯科医院でできないことをすることによって、差別化で生き残れる歯科医院になりましょう!

また、歯科技工士は歯科医師にとってどれだけ大切な存在なのか!
歯科医師と歯科技工士が今後、どのように関わっていくことが患者様に喜ばれ
るのか?
今後の歯科技工士の未来は明るい!明るい未来はすぐそこまで来ている!
という実際を、症例をまじえてお話したいと思います。

現在の咬合は患者様にとって正しいと言い切れますか?

咬合は「KY Bite」で簡単に!「明日の患者様の笑顔のために」

  • 日時

    7月28日(日)10:00〜16:00

  • 会場

    栃木県青年会館コンセーレ 3F研修室
    栃木県宇都宮市駒生1-1-6

  • 費用

    17,280円(税・昼食込)

  • 定員

    30名

  • 対象

    歯科医師

  • 内容

    義歯

申込み
シェア
LINEで送る