近年、矯正歯科治療は一般生活者の間でニーズが高まっており、一般歯科での導入も日々増加傾向にあります。現在国内外の様々なマウスピースタイプの矯正装置の普及もあり、治療がより身近になってきていると思われますが、その一方で望まれる結果が得られずにトラブルとなっているケースも報告されています。導入が比較的容易なアライナーでも、その適用に当たっては装置が持つ特性や矯正治療の原理原則を理解いただくことが必要不可欠となります。
そのような中、2005年より現在まで世界各国の歯科医院で導入されて高い評価を得ているクリアアライナー(韓国の矯正歯科専門医Kim Taeweon先生が考案)への理解が、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置全般を理解する上ではとても有効で望ましいと思われます。本講演では「クリアアライナー」システムの原理、アライナー装置の適応症例の選び方から実際の応用、矯正治療に必須の診査診断のコツや事前に必要な資料、アライナー矯正に欠かせないIPR(ストリッピング)の手法、またCAD/CAM技術を応用したNCアライナーを初めとするデジタルアライナーの特徴や適用に対する考え方等について、本邦に「クリアアライナー」システムを紹介した矯正歯科専門医が分かりやすく解説いたします。
明日からの診療の幅を広げることが期待できる、安心・安全なアライナーシステムのセミナーにご参加下さい。

アライナー矯正の総括とデジタルアライナーへの将来展望

アライナー矯正 コンプリヘンシブセミナー
適用症例の見極めからIPRの手法まで

  • 日時

    7月28日(日)12:00〜16:00

  • 会場

    ウィンクあいち 1203会議室
    名古屋市中村区名駅4-4-38

  • 費用

    24,840円(税込)
    再受講の場合 16,200円(税込)
    歯科医師同伴スタッフ 5,400円(税込)

  • 定員

    50名

  • 対象

    歯科医師

  • 内容

    矯正歯科・小児歯科

申込み
シェア
LINEで送る